事故車の買取

事故車を買取査定してもらう場合に注意するポイントとは?

投稿日:

 

「事故車の買取査定をしてもらうけど少しでも高く買い取ってもらいたい…」

「車の買取査定ってどういうことするの?」

「車の買取査定してもらう時って何か気を付けることってあるの?」

何て疑問はありませんか?

事故車を査定する中古車査定士は、事故車の状態を細かく分析し、最終的に買取金額を算出するのがおもな仕事です。

一般に中古車査定士が事故車を買取る場合「この部分が大きく破損しています」というように、破損部分をきちんと説明したうえで買取金額を提示します。

もちろん「この部分が破損していますので、マイナス金額が○○円です」というように、1カ所ずつのマイナス金額までは提示しません。

買取金額が適正なものかどうかは一般の人では分かりませんが、理想としては自分自身が少しでも車のことや査定ポイントを知っておいたほうが、中古車査定士の言われるがままにならないのは確かです。

また中古車査定士がどのような目的で事故車を買取りしようと思っているのか、そこからどのような会話をしてくるのかを知っておくことで、自分自身が損しない買取りをしてもらうことができます。

今回の記事は事故車を査定してもらうときの注意点や、事故車を少しでも高く売るコツについてご紹介します。

事故車とはどのような車なのか??

多くの方がものや人と接触してドアやバンパーが損傷した車を「事故車」と思っています。

もちろん損傷があるということは事故を起こしたということになり「事故車」の扱いになりますが、事故車といっても買取査定が大きく変わるポイントがあります。
それは同じ事故車でも「修復歴あり」の扱いになるのか「修復歴なし」の扱いになるのかです。

例えば電柱にバンパーをこすってしまったので板金・塗装した、またはバンパーを丸ごと交換したという車は事故車であっても「修復歴なし」の扱いになります。

ではどのような車が「修復歴あり」の扱いになるのでしょうか。

修復歴ありの扱いになる車は、以下の①~⑨の車の骨格にあたる「フレーム」を修理・交換したものをさします。

①フレーム(サイドメンバー)
②クロスメンバー
③インサイドパネル
④ピラー
⑤ダッシュパネル
⑥ルーフパネル
⑦フロア
⑧トランクフロア
⑨ラジエータコアサポート

つまり①~⑨の部分を修理・修復していない限り「修復歴なし」の扱いになるのです。

事故車を査定してもらう基礎知識として、まずは「修復歴あり」「修復歴なし」の区別を自分自身が知っておくことが大切です。

先ほどの①~⑨の部分を修理・交換したわけではなく、単にバンパーを交換しただけなのに「バンパーを修理されているので“修復歴あり”の扱いになってしまい、買取金額は低くなってしまいますね…」などと言ってくる中古車査定士がいた場合には気をつけましょう。

もちろんのことですが①~⑨を修理・交換した修復歴ありの車は、修復歴なしの車より買取金額は低くなります。

中古車査定士が事故車を買取りするときにやっていることとは??

中古車査定士・営業マンとの会話に気をつける

中古車査定士が仕事をしている目的は「いかに車を安く買取りして、いかに高く他へ販売する」かということです。

車を安く買取りすることは中古車査定士の本業ですが、業者が利益を出すためにはどのような「お客様」なのかをきちんとみることも中古車査定士の仕事です。

中古車査定士や中古車査定士と一緒に営業している営業マンは、業者の基本的なマニュアルとして以下の4つがあります。

①お客様が他の業者に見積りしてるのか、見積りしている際は最高の金額を聞き出すか予想する
②お客様がいくらで即決するのか相場感覚をうかがう
③「上司やフランチャイズ本部に最高の査定金額を聞きます」などと金額をつり上げた感を出す
④「あなたのために上司や本部にぎりぎりまで金額をつり上げたから即決してほしい」とせまる

買取査定を依頼した場合、①~④のいずれかに遭遇する可能性は高いですので、断るべきことはきちんと断れるように注意しましょう。

①・②は、他の業者やお客様自身がいくらでの買取りを希望しているかを探るもので、その金額を参考にさらに安く買取りできるように話しをしてきます。

また③・④のように、電話を通じて会話の現場にいない人との会話をお客様の目の前ですることで、お客様に「頑張っている感」を伝えて、お客様の同情を誘おうとする業者もいます。

①~④のような会話をもちかけられた場合に備えて、自分の車の事故車買取相場を十分に調べたうえで買取査定を依頼するといいでしょう。

中古車査定士・営業マンが離そうとしないお客様

また買取業者からすると以下の2つにあてはまるお客様の場合は、そのお客様を逃そうとしません。

⑤他の業者の見積もりを取らずに最初に自分のところへきてくれたお客様
⑥ディーラーの下取り査定を受けたあとにきてくれたお客様

⑤は、お客様はただでさえ事故車の買取相場を知らないわけですから、自分のところへ最初にやってきたお客様を他へ逃さないために、プロの営業トークをかけていき、お客様の事故車を極めて低い価格で買取りに出させます。

⑥は、ディーラーの下取り相場が適切なのかを知りたくて業者を訪れるのです。

買取業者はディーラーの下取り金額は世の中で最安値であることを知っているため、ディーラーを訪れたあとのお客様がきてくれると営業をかけやすくなります。

お客様にディーラーの下取り価格より少し上乗せした買取金額を提示するだけでお客様は業者に事故車を買取りしてほしくなりますからね。

つまりあなたが気をつけなければいけないことは、①~④の営業トークをかけられた場合に断ることはきちんと断ること、営業トークに流されないこと、ディーラーの下取り価格は最安値のものなので、その下取り価格を基準にしないことです。

事故車を少しでも高く売るコツとは??

事故車を買取りしてくれるところはいくつかあります。

ディーラーで事故車処分の依頼をすると、基本的には廃車費用を請求されますが、中古車ショップのような買取業者では数千円から数万円で買取りしてくれる場合があります。

車のスクラップ(解体)を専門にしている解体業者では、軽自動車では5000円程度、普通車なら10000円程度で事故車を買取りしてくれるところがあります。

解体業者ではまだ使うことができるパーツを取り外して販売したり、フレームなどの金属は金属買取業者に買取りしてもらうことで利益をあげています。

しかし事故車といえども、欲をいうならもっと高い値段で買取りしてほしいと思いますよね??

「そんなことが可能なのか??」とお思いでしょう。

それを可能にしてくれるのが「廃車買取業者」という業者です。

廃車買取業者といってもピンとこないかもしれませんが、一例では2017年12月からテレビCMでも見かけるようになった「カーネクスト」という業者が廃車買取業者です。

カーネクストでは、廃車にする車であれば、事故車でも不動車でも水没車でも、何でも高価買取してくれます。

買取実績としては、マツダ・デミオ、平成8(1997)年式、総排気量1300cc、積算走行距離107000kmの車で、年式が20年以上も前のものですがエンジンが良好だったため買取した価格が7000円。

カーネクストではどんな車でも0円以上の買取保証をしてくれますので、20年以上も前の車であってもきちんと値段をつけて買取りしてくれます。

しかもカーネクストでは、車を引取りする際のレッカー代金が無料、廃車にする場合は陸運局で永久抹消登録手続きをしなければいけませんが、その手続きも無料で代行してくれます。

つまりカーネクストは単に高価買取してくれるだけでなく、レッカー代金や登録代行手数料のように他の業者では請求される余計な費用がかからないため、よりお得に事故車を廃車にすることができるのです。

事故車を高く売るためにはカーネクストを利用することをおすすめします。

さいごに

今回の記事は事故車を査定してもらうときの注意点や、事故車を少しでも高く売るコツについてご紹介しました。

事故車を査定してくれる中古車査定士や営業マンは、事故車のことを熟知しているだけに、あの手この手で少しでも事故車を安く買取りしようとしてきます。

もちろん営業トークもうまいですから、その営業トークに流されないようにするためには、最低限として次の3点はおさえておきましょう。

①事故車は「修復歴あり」「修復歴なし」があり、フレーム部分を修理・交換したもののみが「修復歴
あり」の扱いになり、買取金額は大幅に低くなる
②①を言いかえると修復歴なしの車の場合は大幅に買取金額が低くなることはない
③買取査定に出す前に、調べられる範囲で自分の車の「修復歴あり」「修復歴なし」のおおよその買取相場を調べておく

もし買取業者に提示された買取金額に納得がいかない場合は無理に買取りしてもらうことはありません。

ただ買取業者によっては無理にでも買取りしようとしてきますので、その場合は丁重にお断りしましょう。

お断りしたあとは(もしくは最初から)「廃車・事故車専門の買取業者カーネクスト」に依頼することをおすすめします。

カーネクストでは廃車にする車を0円以上で買取保証してくれますし、高価買取してくれる実績がある業者です。

カーネクストは他の業者で請求されるようなレッカー代金や登録代行手数料など、余計な費用は一切に無料ですので、中古車査定士が提示した買取金額がそのままお客様の手元に現金で支払われます。

またカーネクストの中古車査定士や営業マンはネットで評判をみていただいても分かりますが、親切・丁寧ですし、お客様の車を無理に買取るような強引な営業はありませんので、安心して事故車の査定依頼をしていただけます。

今回の記事のように査定をしてもらうときの注意点に気をつけながら、カーネクストのように高値で事故車を買取りしてくれる業者に買取りを依頼しましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

事故車専門の買取業者だから高価買取をしてもらえる。詳しくはこちらをどうぞ(無料)

-事故車の買取
-, , ,

Copyright© 損してる?事故車買取で高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.