事故車の買取

事故車と修復歴ありの車ではどのくらい買取査定が違うものなの?

投稿日:

 

「修復歴ありの車って買取査定にどのくらい響くの?」

「事故車を修理して買い取ってもらうのとそのまま買い取ってもらうのではどのくらい査定が違うの?」

何て疑問はありませんか?

車にキズやヘコミができた場合はどうしても買取価格が下がってしまうのは間違いありません。

しかしキズのヘコミは大きさや程度によって、買取査定金額が変わってきます。

また事故車を起こした車を一般には「事故車」といいますが、同じ事故車であっても損傷具合によって買取査定金額が変わってくるのです。

今回は事故車、修復歴あり、修復歴なしの車での買取査定金額はどれほど差が出るものなのか、事故車をどのように買取りしてもらえば損しないのかについてご紹介します。

事故車とはどのような車のことをさすの??

事故を起こした車を「事故車」という言い方をしますが、事故車といっても損傷具合によって「修復歴あり」「修復歴なし」という区別をします。

事故車は事故にあった車、または災害にあった車のことをいいます。

事故とは自動車保険でも「物損事故」「人身事故」の区分があるように、ものと接触したり、人と接触することをいうのです。

では事故車の詳細についてみていきましょう。

事故車=修復歴なしの車

例えば単独で車の助手席ドアをガードレールにぶつけてしまいかなり目立つキズできてしまいました。

ものと接触しているため単独事故の扱いになり、キズを負った車は「事故車」となることは間違いありません。

ただ助手席のドアにキズを負わせた程度の事故の場合、板金・塗装で修理するか、ドアを丸ごと交換することで修復することができますよね。

修復をしたからといっても、この場合の事故車は「修復歴なし」の扱いになります。

事故車=修復歴ありの車

では事故車でもどのような車が「修復歴あり」の扱いになるのでしょうか。

先ほどのようにキズができたりヘコミができた程度では「修復歴あり」の扱いにはなりません。

修復歴ありになる車は、次の9カ所の修理・交換が必要になるほどの事故を起こした車のことをいいます。

①フレーム(サイドメンバー)
②クロスメンバー
③インサイドパネル
④ピラー
⑤ダッシュパネル
⑥ルーフパネル
⑦フロア
⑧トランクフロア
⑨ラジエータコアサポート

中古車査定士は「事故車」という言い方をしない

中古車査定士は事故車を査定するときがありますが、中古車査定士には「事故車」という定義はなく、査定のときには修復歴があるのかないのかで、査定金額を決めていきます。

事故車という言い方では修復歴があるのかないのかが区別できないため、事故車という言い方をしないのです。

修復歴がある車とない車ではどれほどの買取金額の差が出るの??

修復歴があると車と修復歴がない車では、どれほど買取金額の差がつくのでしょうか。

次の表はトヨタ・アクアの修復歴がある車と修復歴がない車の買取金額を比較したものです。

 
①中古車販売価格が高い車
②中古車販売価格が低い車
年式
2014年
2012年
カラー
グリーン
オレンジ
走行距離
758km
12000km
修復歴
あり
あり
排気量
1500cc
1500cc
修復歴ありの参考買取上限金額
63.2万円
27.8万円
修復歴なしの中古車買取相場
80~128万円
27~89万円

修復歴ありの車は修復歴ありの車と比べると、やはり買取金額が低いことが分かります。

一般に修復歴ありの車の買取相場は、修復歴なしの車の買取相場の7~8割程度以下です。

車の破損状態が大きいほど修復歴ありの車の買取金額はもちろん低くなります。

表中①の2014年式の修復歴なしのアクアの中古車買取相場は80~128万円ですので、修復歴ありのアクアの買取相場の割合は49.4~79%と計算できます。

表中②の2012年式の修復歴なしのアクアの中古車買取相場は27~89万円ですので、修復歴ありのアクアの買取相場の割合は31.2~103%と計算できます。

つまり先ほどお伝えした7~8割程度以下というのはあくまでも目安であることが分かりますね。

買取金額差については、(修復歴なしの中古車買取相場)-(修復歴ありの参考買取上限金額)で算出できます。

例えば表中①の2014年アクアで計算すると、80万円-63.2万円=16.8万円、128万円-63.2万円=64.8万円というように、2014年式アクアの修復歴がある車とない車の買取金額差は16.8~64.8万円と計算できます。

修復歴ありの車は修復歴がなく状態のいい車ほど、その買取金額差が大きくなるということです。

修復歴がある車を修理して買取りしてもらうメリットはある??

車のフレームを損傷したものを修復歴ありの車という言い方をするとお伝えしましたが、損傷したフレームを修理・交換するとなると数十万~数百万円の費用が必要になります。

これほど高額な修理費用を支払うとなると、ほとんどの人は任意保険を使って修理すると思います。

ただ任意保険を使ってフレームを修理すると「等級」が3等級ダウンしてしまいますので、1年後以降の保険料があがってしまうことになります。

保険料があがることを考えると、場合によっては修理費用を自己負担したほうが安く済むときがありますので、任意保険を使ったほうが損しないのかをきちんと計算する必要があります。

とはいっても、なかなか自分で正確な計算をするのは難しいので、一番手っ取り早いのは任意保険会社に修理費用の見積りを伝えて、任意保険を使うことにより1年後以降の任意保険料がいくらになるのかを聞きましょう。

また計算が大変だと思ったなら「自己負担で修理したほうが費用的に得なのか、1年後以降保険料があがるけれど保険を使って修理したほうが得なのか」を聞いて任意保険会社の人に計算してもらうといいですよ。

ただここまでして修復歴ありの車を修理して買取りしてもらうメリットはありません。

自己負担や任意保険を使ってまで修理したとしても、買取業者の中古車査定士はすぐに修復歴ありの車ということを見抜きますし、もちろんのことですが修復歴ありの車と判断されれば、買取金額は修復歴なしの車の7~8割程度以下にしかなりませんから、損することは間違いないでしょう。

つまり修復歴ありの車をわざわざ修理してから買取りに出すのはおすすめできません。

「それなら修復歴ありの車を修理に出さずに買取査定に出したほうがいいの??」と思われますが、修理されていない車とし修理されている車であれば、修理されていない車のほうが買取価格は低くなります。

とはいっても高額の修理代金を支払って修理したところで、修理費用以上の買取金額がつくわけではありませんので、結果的に修理しないで修復歴ありの車を買取ってもらったほうがいいでしょう。

修復歴がある車でも高価買取!カーネクストとは??

修復歴ありの車は修理してもしなくても、結局買取金額は低いものになってしまうということをお伝えしました。

「やっぱり事故車は高く買取りしてもらうなんて無理なんだ…」と諦めかけているあなたに朗報です。

修復歴があると判断された車であっても高価買取してくれる「廃車買取専門の業者カーネクスト」という業者をご存じでしょうか?

カーネクストは、事故により修復歴ありになった車はもちろんのこと、不動車や水没車など、廃車にする車を高価買取してくれる業者です。

買取実績としては、三菱・デリカスペースギア、平成12(2000)年式、総排気量3000cc、積算走行距離230000km、走行はできるものの、オイル減りが早くエアコンが不調でしたが、車検が残っていた車両を65000円で買取りしてくれました。

ディーラーや中古車ショップで車を処分してもらう場合、必要な費用としては6~9万円程度かかりますが、カーネクストは名義変更手続き、事故車引取手数料、レッカー代金、解体費用、永久抹消登録手続きの費用がすべて無料です。

つまりカーネクストに事故車の買取りを依頼すると、高価買取の査定金額がそのままあなたの手元に入ってくるのです。

手間もかからず事故車を高価買取してくれるカーネクストを利用するだけで、高額な修理費用を出して修復歴ありの車を修理する必要はありませんし、修理しなかったとしても高価買取してくれるカーネクストの利用をおすすめします。

さいごに

今回は事故車、修復歴あり、修復歴なしの車での買取査定金額はどれほど差が出るものなのか、事故車をどのように買取りしてもらえば損しないのかについてご紹介しました。

修復歴ありの車は、修復歴なしの車の中古買取相場の7~8割程度以下が買取相場でしたね。

ただこの7~8割というのはあくまでも目安で、実際の修復歴ありの車の買取相場はその割合よりも低い価格で買取りされるのが一般的です。

少しでも修復歴ありの車の買取金額をあげるために、車を修理してから買取査定に出そうと考える方がいらっしゃいますが、修復歴ありの車=フレームが損傷している車ですので、フレームを修理・交換すると数十万~数百万円の修理費用が必要です。

そこまでの修理費用を出して車を修理したとしても、修理しなかった車と買取金額を比べるとそれほど大きな差は生まれませんので、修理をせずに買取査定に出したほうが損はしません。

しかし修復歴ありの車を高く買取りしてくれる買取業者はほとんどありません。

そこでご紹介したのが廃車買取業者の「カーネクスト」でした。

カーネクストは修復歴がある事故車はもちろんのこと、廃車にする車を高価買取してくれる業者です。

高価買取だけでなく、陸運局で行なう手続きの代行手数料やレッカー代金など、廃車にまつわる費用を無料でやってくれますので、買取査定で算出された買取金額がそのままあなたの手元に入ってきます。

カーネクストを利用して車を廃車にすることで、損しないどころか、反対にあなたが得することばかりですので、車を廃車にする場合はまずカーネクストに査定の依頼をしましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

廃車・事故車専門の業者だから高価買取。試しに査定をしてみるならこちらをどうぞ(無料)

-事故車の買取
-, ,

Copyright© 損してる?事故車買取で高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.