事故車の買取

ディーラーで下取り価格が付かない事故車でも買取はしてもらえるの?

投稿日:

 

「ディーラーで下取りをしてもらって新車を購入しようとしたけど値段がつかないと言われた…」

「下取りで値段がつかない事故車でも買い取ってもらえたりするの?」

何て疑問ありませんか?

事故車であっても事故車でない車であっても、多くの方は「車の下取り」と聞くとディーラーに依頼されると思います。

しかしご経験のある方はお分かりだと思いますが、ディーラーの下取りは本当にびっくりするくらい値段がつきません。

かといってディーラーに車の下取りを依頼しなければどこに下取りを依頼すればいいのかが分からない方もいらっしゃるでしょう。

ディーラーで車を下取りしてもらうほど、あなたが損することはありません。

今回の記事では、あなたが損しないためにも、なぜディーラーで下取り価格が高くつかないのか、ディーラーで下取り価格がつかなかった場合はどこで買取りしてもらえばいいのかをご紹介します。

なぜディーラーで下取り価格がつかないのか??

ディーラーの下取り基準

下取りの基準に関しては、下取り査定してもらう業者によって異なります。

ディーラーは下取りの基準としてJAAI(日本中古自動車査定協会)が出版している「イエローブック」という本を参考に下取り価格を決めていきます。

ただディーラーはイエローブックをあくまでも「参考」程度にしかみていません。

車の初年度登録から5年以上経過している車であれば、イエローブックよりも安い独自の計算方式で査定します。

このようにディーラーでは、イエローブックの査定基準価格からキズ、ヘコミ、故障、走行距離などで減点(加点)し、下取り査定価格を決定する場合がほとんどです。

ディーラーでは事故車でない車であっても、初年度登録から10年以上経過している低年式車や、積算走行距離が10万kmを超えている過走行車については、ほとんど値段をつけてくれません。

ディーラーは車は1年経過するごとに新車時の1/10ずつ価値が減っていくという計算方式を使いますし、この式に基いて計算すると、どんな車でも5年目で新車時の価格の半分になり、10年たてば価格が0円になる計算なのです。

ディーラーで下取り価格がつかない理由

なぜディーラーで下取り価格がつかないのかというと、ディーラーは本来の活動目的は「新車を売ること」です。

ディーラーが車の買取りを考えている人に伝えたいのは「乗りつづれば乗り続けるほど車の価値は下がるので早い段階で新車に乗り換えましょう」ということです。

それがましてや事故車であれば、すぐに乗りかえてほしいという気持ちが働きますので「事故車は車の価値はありませんので、早く事故車を処分して新しい車に乗り換えましょう」と、事故車に関しては価値がないという判断がなされます。

つまりディーラーで事故車を下取りしてもらうと、事故車の処分料金として30000円以上の費用が請求される可能性があるため、事故車をディーラーで廃車にすることはおすすめできません。

事故車を「買取り」してくれるところはあるのか??

下取りと買取りの違い

下取りとは、次に購入する車があることを前提に、今の自分の車を手放すことをいいます。

例えば次に購入する車が100万円、今の自分の車の下取り価格が20万円だとすると、100万円-20万円で、次に購入する車の代金が80万円になるという計算です。

つまり基本的に車を下取りしてもらった場合、下取り金額は自分の手元に入ってきません。

それに対して買取りとは、今の自分の車を業者に購入してもらうことをいいます。

今の自分の車の買取金額が20万円だった場合、その20万円が買取業者から現金でもらえます。

このように「下取り」と「買取り」はまったく言葉の意味が違うのです。

事故車を買取りしてくれる廃車買取業者

ディーラーで事故車を下取りしてもらえなかった方、まだまだ諦めてはいけません。

事故車のように廃車にする車を買取りしてくれる「廃車買取業者」をご存じですか?

廃車買取業者は事故車だけでなく、不動車や水没車など、廃車にする車を買取りしてくれる業者です。

「でも…、何で廃車にする車を“買取り”してくれるの??事故車を買取りしてどうするの??」を思われることでしょう。

もちろん廃車買取業者も「業者」ですので、事故車を買取りすることで何かしらの形で「利益」を出しています。

廃車買取業者からすると、例え廃車にする車であってもその車は「宝の宝庫」なのです。

例えば、正面から壁に突っ込むような事故を起こした場合、ヘッドライト、フロントバンパー、エンジンに損傷が出てくるでしょう。

しかしフロント部分以外の部品はまだまだ使うことができますよね。
まだ使うことができる部品を取り外して販売する、フレーム部分のような金属に関しては金属買取業者に買取りしてもらう、このような形で廃車する車を上手にお金に換えているのです。

ただそのような中古部品が果たして利益になるのかは知りたいところですよね。

以下のようにさまざまなパーツが買取りされています。

①テールランプ左右セットが5000円
②リアゲートが30000円
③運転席・助手席ドアが1枚5000円
④タイヤ・ホイール4本セットが5000円

さらに金属資源に関しても、以下のような価格で買取りされています。

⑤アルミホイール 215円/kg
⑥鉄(スチール) 30円/kg
⑦自動車用コンプレッサー 70円/kg
⑧セルモーター(スターター) 100円/kg
⑨自動車用触媒 2500円/個

①~⑨はあくまでも参考価格で、車種によってはさらに高値で買取りされています。

また日本国内で事故車だからといって廃車になった車は、海外で必要な箇所を修理して乗り続けられる場合もあります。

とくに先進国の新車を購入することが難しい発展途上国では、日本で廃車となった車を高く買取りしてくれます。

当然、新車を購入するより中古車を購入したほうが安いですし、修理にお金がかかったとしても新車ほどの高額にはなりませんからね。

つまり廃車買取業者は、修理をして乗り続けることができる車は海外へ輸出するだけでなく、取り外したパーツに関しても海外へ輸出して販売することで利益を得ているのです。

今では東南アジア、アフリカ諸国、中東、ヨーロッパ、オセアニアなど、世界中で日本の中古部品は供給が追いつかない状態になっていますので、海外へ向けての販売を行なうことで利益をあげているのです。

このように廃車買取業者は事故車を独自のルートで国内や海外へ販売して利益をあげることができるため、事故車を高く買取りをしてくれるのです。

廃車買取業者の「カーネクスト」は事故車を高価買取してくれる!

先ほどは廃車買取業者であれば事故車を高価買取してくれるとお伝えしました。

数ある廃車買取業者のなかでもおすすめするのは「廃車買取専門の業者カーネクスト」です。

カーネクストは廃車にする車であれば0円以上で高価買取保証をしています。

例えば、日産・エクストレイル、平成21(2009)年式、総排気量1997cc、積算走行距離113000km、
フロント事故によりバンパー・ヘッドライト破損、ボンネットにゆがみがある状態で、車検が残っているもので、なんと買取価格が80000円もつけています。

今回の記事でご紹介しましたが、ディーラーで下取りの依頼をすると下取り価格が0円となることは必至で、さらに解体費用まで請求される可能性がありましたよね。

先ほどのエクストレイルの買取金額の80000円はいうまでもなく、自分に現金で80000円が入ってくるのです。

カーネクストで買取りされた車は、日本国内でパーツが販売されたり、修理をして乗り続けることができる車や使用できるパーツは海外へ輸出されます。

つまり事故車をディーラーで下取りしてもらえなかったとしても、カーネクストに買取りを依頼すれば高値で買取りをしてくれるのです。

さいごに

今回の記事では、なぜディーラーで下取り価格が高くつかないのか、ディーラーで下取り価格がつかなかった場合はどこで買取りしてもらえばいいのかをご紹介しました。

ディーラーが経営している目的は「新車を売ること」ですので、本業ではない車の下取りに関してはあまり力を入れて値段をつけてくれません。

ましてや事故車となると下取り価格が0円はもちろんのこと、解体費用まで請求される可能性が高いです。

そこで利用をおすすめしたのが廃車買取業者の「カーネクスト」です。

カーネクストは廃車にする車を0円以上で買取保証していますし、高価買取の実績がある業者です。

なぜカーネクストが廃車にする車を高価買取できるのかというと、廃車する車であってもまだ使うことができるパーツを取り外して販売したり、車そのものが乗り続けることができる場合は海外へ輸出販売することで利益を得ています。

このようにカーネクストではディーラーで下取りされなかった車であっても、カーネクストであれば事故車であっても高価買取してくれますので、事故車の廃車でお困りの方は、ぜひカーネクストに査定の依頼をしてみてください。

詳しくはこちらをどうぞ。

下取りで値段がつかなかった事故車でも値段が付くかも?高価買取してもらえる廃車・事故車専門の買取業者で査定してみる(無料)

-事故車の買取
-, ,

Copyright© 損してる?事故車買取で高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.