事故車の修理

事故車は保険で修理するのと廃車にするのとどっちがいいの?

投稿日:

 

「愛車で事故を起こしてしまったけど、保険を使って乗り続けるか迷っている…」

「事故車を廃車にして新車に乗り換えた方がお得なのかな?」

「事故を起こしたけどまだ走れるので廃車にするのは何かもったいない…」

なんて疑問はありませんか?

事故を起こした際に走行ができないのであれば廃車を選択する方が多いと思いますが、その車に愛着や思い出があったり、限定車など台数が少ない車である場合は修理して乗り続けるという選択をする方がいらっしゃることでしょう。

もし修理するとなると多額の費用が必要になるため、多くの方は保険を使って修理することを考えると思います。

しかし修理で保険を使うと等級が下がることになり、次の年からの保険料が高くなってしまうため、保険を使うべきかの判断も難しいところです。

自費で修理することや、保険を使って修理することを考えると結果的に出費がかさむため、廃車を考えたいところですが、車を廃車にするとなると費用がどれほどかかるのかが心配になります。

今回はそのようなお悩みを解決するために、事故車は修理したほうがいいのか廃車にしたほうがいいのかについてご紹介します。

事故車を修理する場合にかかる費用はどれくらいなのか??

まずは事故車の修理費用について解説します。

事故車を修理する場合にかかる費用

事故車の修理費用はパーツごとに異なります。

では具体的にどれくらいの修理費用がかかるのかをみていきましょう。

エンジン

事故によりエンジン部分を損傷した場合は「修理」するのではなく、エンジンそのものを「交換」することになり、その修理費用の相場は約40~90万円以上です。

国産車の場合、エンジン本体の相場価格が約30~70万円、損傷したエンジンから新しいエンジンにのせかるための作業工賃の相場が約10~20万円です。

国産高級車や輸入車の場合はこの相場価格を大きく上回ります。

エアコン

事故によりエアコンがきかなくなった場合の修理費用の相場は約2000~30万円以上です。

事故によりエアコンが大きく損傷していない場合、運が良ければエアコンガスを補充するだけで修理が完了する場合があり、このときの修理費用の相場が約2000~1万円です。

しかし事故車の多くはエアコンガスを補充しただけでは修理は完了しません。

事故の衝撃によりエアコンガスが漏れていると診断された場合は、まず漏れている箇所を見つけなければいけませんし、その箇所を修理しなければいけません。

エアコンを始動させるのに重要な部品であるコンプレッサーが損傷している場合、部品の相場価格が約5万円、エアコンガスが通るパイプが損傷している場合、部品の相場価格が約3万円ですので、すべてを修理・交換する場合は約8万円がかかります。

コンプレッサーやパイプを修理・交換してもエアコンがかからない場合は、エアコンをすべて交換することになり、エアコン本体の相場価格と作業工賃を合算したときの相場が約20~30万円です。

ドア

事故によりドアを損傷した場合の修理費用の相場は約1000~20万円以上です。

すりキズ程度であれば、市販で販売されているタッチペンやマニキュアを購入して自分でペイントすれば約1000円でおさまります。

ただタッチペンやマニキュアでのペイントは、ボディを遠くからみたときは修復のあとは目立ちませんが、近くでみるとどうしても修復したことがすぐに分かります。
すりキズを目立たないように修復したり、ドアにえくぼやヘコミができた場合は、板金かパテ盛りで修復することになり、このときの修理費用の相場は3万円以上になります。

もちろんのことですが、キズやヘコミの具合が大きいほど修理費用は高くなります。

板金やパテ盛りで修理ができないような損傷の場合は、ドアを丸ごと交換することになります。

ドア本体の相場価格が、国産車の場合は約10万円、輸入車の場合は車種によっては生産国から輸入することになるため、相場価格が約10万円以上になることは避けられません。

バンパー

事故によりバンパーを損傷した場合の修理費用の相場は約1~20万円以上です。

キズ・ヘコミが5cm四方のものであれば約1万円で修理することが可能ですが、バンパーを全面塗装しなければならないような修理となると約5万円以上の修理費用が必要になります。

バンパーが完全に折れてしまった場合など、板金や塗装による修理ができない場合はバンパーを丸ごと交換しなければいけません。

バンパー本体の相場価格は10万円以上で、さらに塗装代金や取付工賃がプラスされますので、高額になることは間違いありません。

フレーム

事故によりフレームを損傷した場合の修理費用の相場は約10~100万円以上です。

フレームは以下の9カ所に分類されます。

①フレーム(サイドメンバー)
②クロスメンバー
③インサイドパネル
④ピラー
⑤ダッシュパネル
⑥ルーフパネル
⑦フロア
⑧トランクフロア
⑨ラジエータコアサポート

フレームの修理代金は約10万円ですが、自走できないほどの損傷や交換箇所が多くなると数十万~数百万以上は必要になります。

事故車を修理する場合に保険を使うとどうなるのか??

事故車を保険を使用して修理した場合について解説します。

任意保険を使って事故車を修理すると保険料が割増になる

先ほどは事故車を修理する場合にかかる代金についてのご紹介をしました。

事故の程度によっては数百万円の修理費用が必要になる場合がありました。

自己負担で高額な修理費用を支払わなくてもいいように、多くの方は任意保険に加入していらっしゃると思います。

事故の修理費用に関しては、任意保険会社からの保険金で修理することは可能ですが、任意保険を使うと「等級」が3等級ダウンしてしまいます。

新規で任意保険に加入したときの等級は6等級または7等級で、この時点で保険料は約10~20%割引され、任意保険を使うことなく加入日から1年たつと等級が1つ上がり、保険料はさらに割引されます。

ただ事故を起こして保険を使うと3等級ダウンするわけですので、6等級の方が保険を使うと3等級になってしまい、保険料が約10%割増になります。

昔は任意保険の「等級プロテクト」という特約があり、この特約を契約していると保険を使っても等級が下がらなかったのですが、この特約は2015年以降すべての保険会社で廃止されています。

つまり結果的に修理費用を自己負担したほうが安くなる場合もあるのです。

任意保険を使うかを迷われている方は、まずは車屋さんに事故車の修理費用の見積りを出してもらいましょう。

次に任意保険会社に修理費用の見積りを伝え、任意保険を使うことにより1年後以降の任意保険料がいくらになるのかを聞き、率直に「自己負担で修理したほうが得なのか、1年後以降保険料が上がるけれど保険を使って修理したほうが得なのか」を聞き、任意保険会社の人にどちらが得かを計算してもうといいでしょう。

ただあまりにも高額な修理費用なのであれば、廃車を検討するのも1つの方法です。

事故車を高価買取してもらう方法とは??

事故車を廃車にするならば買取をしてもらった方がお得です。
そのことについて解説します。

廃車買取業者「カーネクスト」に廃車の買取りを依頼する

先ほどは事故の程度によっては、修理費用が数十万円~数百万円にのぼることをお伝えしました。

高額になるほど修理費用を自己負担するのは厳しくなりますし、任意保険の等級をダウンさせてまで修理する必要があるのかを十分に考えなければいけません。

修理しないとなると車を廃車することになりますが、廃車する場合には車を解体するための費用がかかり、解体費用の相場は約3万円以上になります。

事故車を修理するよりかは解体費用のほうが安いため、車を廃車にする方がいらっしゃいますが…、ちょっと待ってください!

解体費用を支払って車を廃車にするよりも、事故車を買取りしてもらうことをおすすめします!

その理由としては、車を解体する場合はあなたがお金を支払わないといけませんが、買取りしてもらうことで、あなたの手元にお金が入ってくるのです。

「でも事故車だよ??そんなもん買取りしてもらえるわけがないでしょ」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

廃車買取の専門業者カーネクスト」は廃車する車を買取りしてくれる業者です。

廃車する車であれば、事故車はもちろんのこと、水没車でも不動車でも買取りしてくれます。

買取実績の一例をあげますと、トヨタ・プリウス、平成18(2006)年式、総排気量1500cc、積算走行距離320000kmの廃車車両で、かなり走行距離が多いため他社では15000円の買取査定しか出なかったところを、カーネクストはエンジン良好なこと・人気の車種であることを理由に、20000円で買取りをしています。

事故車のように廃車にする車はお金を出して廃車にしてもらうとお思いの方が多いですが、カーネクストに依頼すれば廃車にする車を0円以上で高価買取してもらえますので、事故車の処分に困っていらっしゃる方は、一度カーネクストに買取査定依頼をしてみましょう。

さいごに

今回は事故車を修理したほうがいいのか廃車にしたほうがいいのかについてご紹介しました。

修理費用が低額の場合は車を修理して乗り続けることは可能ですが、修理費用が高額の場合は自己負担で修理するのは経済的な負担が大きくなります。

修理費用が高額の場合は任意保険を使って修理する方法がありましたが、任意保険を使って修理すると保険の等級がダウンしてしまい、翌年からの保険料が割増になってしまいます。

保険を使わずに修理したほうが得なのか、保険料が割増になってでも保険を使って修理したほうが得なのかは、任意保険会社に問い合わせすると計算してくれますので、一度試算してもらうといいでしょう。

ただいずれにしても修理するとなると、のちのちに支払うお金はかさみますので、廃車を考える方がいらっしゃいます。

廃車するとなると約3万円以上の廃車費用が必要になりますので、廃車はおすすめできません。

廃車を検討されている方は、ぜひ「買取」を検討してください。

今回の記事でご紹介した廃車買取業者の「カーネクスト」に事故車の買取りを依頼すれば、思わぬ高値で買取りしてくれます。

「廃車」はあなたがお金を支払いますが、「買取」はあなたがお金をもらえるのです!

今回の記事をご参考に、ぜひカーネクストに事故車を高価買取してもらいましょう。

カーネクストではネット上で簡単に見積もりを取ることが可能です。
詳しくはこちらをどうぞ。

事故車をどのくらいで買取可能か試しに調べてみる(無料)

-事故車の修理
-, ,

Copyright© 損してる?事故車買取で高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.