事故車の買取

損してる?事故車を少しでも高く売る方法ってあるの?

投稿日:

 

「事故を起こしてしまったけど廃車にするしかないのかな…」

「事故車でも買い取ってもらうことはできないのだろうか…」

なんてあなたは思っていませんか?

これまでせっかく大切に乗ってきた車が事故に遭遇してしまった場合、多くの方は「もうどこにも買取
りしてもらえない」「廃車料金を出してスクラップしてもらうしかない」とお思いでしょう。

確かに事故車かそうでないかによって買取金額は低くなってしまいますが、「もうどこにも買取りして
もらえない」と諦めるのはまだ早いです。

あまり知られていないかもしれませんが、実は世の中には事故車を専門に買取りしてくれる業者があります。

また「廃車料金を出してスクラップする」なんてもったいないことをするべきではありません。

今回はあなたが損しないように、少しでも事故車を高く売る方法をご紹介します。

勘違いされがちな「事故車」の定義とは??

そもそも事故車の定義は何なのでしょうか。

ボディをぶつけたりこすったからといって事故車とはいわない

事故といっても「物損事故」「人身事故」といった事故があります。

物損事故とは、被害者にケガなどがなく車両などの「もの」に損害がでた場合に処理される交通事故です。

また人身事故とは、交通事故で被害者がケガを伴う負傷をした場合の事故のことをいい、被害者の診断書が警察に提出され、警察が人身事故として立件した場合が該当します。
物損事故と人身事故に共通することは、どちらも少なからず車に損傷をきたしているということです。

ただこのような事故に遭遇して車が損傷をきたしたからといって「事故車」というわけではありません。

わたしたちが普段「事故車」は、車業界では事故により修復・交換が必要な車、つまり「修復歴ありの車」というとらえ方をしています。

修復歴ありといっても事故によって「ドアがヘコんでしまった」「ボディにキズがついてしまった」から板金・塗装に出した程度のものは事故車とはいいません。

つまり車業界では、板金・塗装=修復という認識ではないのです。

具体的には次の①~⑨の部分を修復・交換した場合に「修復歴あり」という言い方をします。

①フレーム(サイドメンバー)
②クロスメンバー
③インサイドパネル
④ピラー
⑤ダッシュパネル
⑥ルーフパネル
⑦フロア
⑧トランクフロア
⑨ラジエータコアサポート

①~⑨は、人間の体でいうと「骨」にあたる部分、つまり車の骨格(フレーム)にあたる部分です。

相当大きな事故でない限り車のフレームが破損するようなことはありませんが、このフレーム部分を修理・交換した車を「修復歴ありの車」といいます。

つまりボディをぶつけたりこすったからといって事故車とはいわないのです。

ディーラーや買取査定業者の事故車の買取金額は極めて低い

あなたは中古車を検索するときにどのような条件で検索しますか?

多くの方は「修復歴の有無」については必ずといっていいほど確認されると思います。

修復歴がある車は、購入してから何かしらの不具合が出るかもしれないと思われるからです。
また修復歴がある車は、修復歴がない車と比べると販売価格が安くなっていることが分かります。

中古車販売店側も修復歴がある車は安くしないと売れないと分かっているため、販売価格を安くして売っているのです。

販売価格が安いということは、修復歴がある車の仕入れ値は極めて安い値段だということですよね。

買取査定業者の車の仕入れ先はオートオークションや、一般のお客様から車を買取りするなどして仕入れていますが、実際にどれくらいの値段で仕入れているのでしょうか。

ディーラーの場合

ディーラーの場合、修復歴ありの車を引取ってくれますが、その買取金額は0円になる可能性が高いです。

ディーラーでは「イエローブック」という本に書かれていることをもとに、車の価値を判断します。

イエローブックとはJAAI(日本中古自動車査定協会)が出版しており、B5版で毎月1日に発行されています。

基本的にディーラーでは、初年度登録から10年以上経過している「過年式車」や、積算走行距離が10万キロ以上の「過走行車」でも、その車は価値がないと判断し、査定金額は0円になってしまいますので、事故車となると査定金額が0円になることは必至でしょう。

買取査定業者(中古車販売店)の場合

買取査定業者に修復歴ありの車を買取りしてもらう場合、ディーラーのように0円となる場合もありますが、店舗によっては少々ですが値段をつけてくれるところもあります。

とくに「○○車専門」というような特定の車種を扱っている買取査定業者であると一般の買取査定業者よりも高く買取りしてくれる可能性がありますので、一度査定に出してみましょう。

結局ディーラーや買取査定業者の買取金額は安い

このようにディーラーや買取査定業者に修復歴ありの車を査定してもらったとしても0円といわれる可能性が高く、仮に値段がついたとしてもガッカリするような値段であることは想定しておく必要があります。
また車によっては事故をしてないけれど修復歴ありの車となっている場合があります。

例えばある車の前期のものを、フレームを交換して後期仕様にしている場合は、フレームを交換しているため事故に遭遇していないとしても修復歴ありの扱いになります。

車を買取りしてもらう際に「事故ではなく前期の車を後期仕様にしたため修復歴ありになっています」と買取査定業者に説明したとしても、修復歴ありにはかわりはないため、買取金額は低くなると思いましょう。

事故車を少しでも高く売るための最善の方法とは??

解体業者にスクラップを依頼するのはもったいない

事故車を廃車にすると決めた場合、廃車にしてくれるところを色々と探してみると「解体業者」の存在があること分かります。

解体業者とは車をスクラップしてくれる業者で、その事故車に乗ることができないと判断した場合に、車のスクラップを解体業者に依頼するのです。

車をスクラップするのに必要な費用なのですが、車を解体業者のところへ運ぶためのレッカー代金として1~2万円程度、解体費用として1万円程度、車を解体したあとは陸運局で「永久抹消登録手続き」をする必要があるのですが、その手続きを業者に依頼すると代行手数料として1万円程度必要になりますので、ざっくりとした計算でも3万円以上の費用が必要になります。

ところが最近では車の引取り場所が解体業者のところから近い場合はレッカー代金が不要のところもありますし、解体費用をお客様から支払ってもらうのではなく、解体業者がお客様に車の買取金としてお金を支払ってくれる解体業者があります。

「私が車の解体をお願いしているのに、なぜ解体業者がお金を支払ってくれるの?」と思われるでしょう。

解体業者は車をスクラップする前に、まだ使用できる部品を取り外し、それを販売することで利益を得ています。

また最終的に残ったフレームは金属買取業者に買取ってもらうため、さらに利益が得られるのです。
つまり解体業者がお客様から車を買取りしても、十分に利益を得ることができるため、お客様にお金を支払って解体する車を買取りするわけです。

その買取料金は解体業者によりさまざまですが、軽自動車であれば5000円程度、普通車であれば10000円程度で買取りしているところが多いです。

ここでは「それくらいの値段で買取りしてもらえるんだ」ということを知っておいてください。

車を少しでも高く売りたいのであれば断然廃車買取業者!

廃車買取業者とは、廃車にする車を専門に車を買取りしてくれる業者のことをいいます。

あまり聞きなれないかもしれませんが、廃車買取業者の代表例としては2017年12月からテレビCMが始まった「廃車買取専門のカーネクスト」です。

テレビCMを始める前はラジオCMやネット広告でご覧になった方もいらっしゃるでしょう。

先ほど解体業者が車をいくらで買取りしてくれるとお伝えしたか覚えていらっしゃいますか?

軽自動車は5000円程度、普通車で10000円程度でしたよね。

カーネクストが買取りしてくれる金額はこんなものではありません。

例えば、ダイハツ・タント(軽自動車)、平成26(2014)年式、排気量660cc、積算走行距離が9500km、
事故でフロントが大破、エアバッグ作動済、足回り故障で走行不能になった車を105000円で買取りしているという実績があります。

「でも105000円で買取りしてくれたとしても、そこから解体業者みたいにレッカー代金や永久抹消登録手続きの代行手数料がかかってきて、結局自分のところに入ってくるお金は85000円くらいなんでしょ…?」と思われるでしょう。

安心してください、そんなことはありません。

なぜならカーネクストは廃車にする車を引取る際のレッカー代金は無料!そして陸運局で行なう永久
抹消登録手続きの代行手数料も無料!さらに事故車・不動車・水没車などどのような車でも0円以上の買取保証をしているのです。

これだけの行き届いたサービスがあるのなら、解体業者よりカーネクストを利用すべきですね!

さいごに

今回は少しでも事故車を高く売る方法をご紹介しました。

ディーラーや買取査定業者は事故車を価値のない車としかみておらず、買取査定を依頼したとしても買取金額は0円になる可能性が高かったですね。

つまり事故車をディーラーや買取査定業者に出すとあなたが損してしまいます。

事故に遭遇したことで車が使うことができないとなった場合は、解体業者に車をスクラップしてもらう方法があることをお伝えしました。

最近の解体業者は、車の引取先が近くの場合はレッカー代金を無料にしてくれますし、軽自動車は5000円程度、普通車で10000円程度で買取りしてくれます。

しかし解体業者が車をスクラップしたあとは、自分で陸運局に出向いて永久抹消登録手続きをするか、有料になりますが業者に永久抹消登録手続きを代行してもらわないといけません。

そんな中、最もあなたが費用・労力を使わずに事故車を高く買取りしてくれるのが廃車買取業者のカーネクストでしたね。

カーネクストは事故車・不動車・水没車などどのような車でも0円以上の買取保証していますし、廃車
にする車を引取る際のレッカー代金が無料、陸運局での永久抹消登録手続きの代行費用が無料など、お
客様のためにさまざまなサービスを行なってくれます。

事故車なんて高く買取りしてもらえるわけないと思っていたあなた。

ぜひカーネクストに買取査定依頼をして、びっくりする値段で買取りしてもらってはいかがでしょうか。

詳しくはどうぞ。

少しでも愛車を高く買い取ってもらいたいならこちらをどうぞ(査定は無料)

-事故車の買取
-,

Copyright© 損してる?事故車買取で高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.