事故車の買取

事故車の下取り相場とは?価格にはどのくらい影響する?

更新日:

 

「事故車を下取りに新車を購入する予定だけど査定ってどのくらい安くなるの?」

「事故車は下取りに出すのと買取に出すのってどちらがいいの?」

なんてあなたは思っていませんか?

ディーラーで次の車の購入する場合は、事故車を下取りしてもらうことは可能です。

ディーラーに事故車を下取りしてもらう場合、実際にいくらほどで下取りしてもらえるのかという相場は、あまり明らかにされていません。

ただ事故車を下取りに出すということは、事故車でない車を下取りに出すより、下取り価格は圧倒的に低くなります。

ということは、事故車を修理してから下取りに出せば高値で下取りしてもらえるのか…?

事故車の下取りに関しては、知られていないことがたくさんあります。

今回の記事では、事故車の下取り相場について、また事故車は修理してから下取りに出したほうがいいのかについてご紹介します。

ディーラーはどのような車を「事故車」として取り扱うの??

「事故車」と聞くと、ものにぶつけたり、何かに衝突したり、一般的にいう「事故」に合った車を「事故車」と捉えていらっしゃる方が多いことでしょう。

また私たちは「事故車」という言い方をしますが、自動車業界では「事故車」という言い方はしません。

事故したことにより車を修復したものを「事故車」とは言わず「修復歴ありの車」と言います。

かといって、単に車をぶつけて修理しただけで「修復歴ありの車」とはなりません。

どこを修復したかによって「修復歴ありの車」になるのです。

「修復歴ありの車」になるのは、以下の部分を修理した場合になります。

①フレーム(サイドメンバー)
②クロスメンバー
③インサイドパネル
④ピラー
⑤ダッシュパネル
⑥ルーフパネル
⑦フロア
⑧トランクフロア
⑨ラジエータコアサポート

①~⑨の名前だけみると難しいかもしれませんが、簡単にいうと車の骨格あたる部分までを損傷・修復した車を「修復歴ありの車」となるのです。

ただ車の骨格となる部分まで損傷するような事故となると、相当の大きな事故でないと骨格まで損傷することはありません。

ディーラーを含めて、自動車業界では①~⑨の箇所を損傷・修復した車を「修復歴ありの車」(事故車)として取り扱います。

事故車だと下取り査定にどれくらい影響するの??

ディーラーで次の車を購入する予定があるため、ディーラーで下取りを依頼するとします。

もしその車が事故車である場合、ディーラーではどれほどの価格で下取りしてもらえるのでしょうか?

事故車でない車をディーラーが下取りする場合の基準として、積算走行距離が10万キロを超えていないか、初年度登録から10年以上経過していないかがポイントとなります。

もし積算走行距離が10万キロを超えている場合は「過走行車」という扱いになり、初年度登録から10年以上超えている車の場合は「過年式車」という扱いになります。

これらの車をディーラーで下取りしてもらうとなった場合は、あまり高値で下取りしてもらえません。

ましてやこれが事故車である場合は、積算走行距離や年式に関係なく、下取り金額の相場は0円です。

そのディーラーで次に購入する車があるならまだしも、単純に事故車を引取ってもらうとなった場合は、解体費用などを請求されることになり、結局のところ、下取りを依頼したお客様がお金を支払わなければいけません。

つまりディーラーは下取りにそれほど積極的でない理由は、ディーラーの仕事は自社の車を売ることであり、事故車を取り扱うノウハウはあまりないのです。

ディーラーは基本的に下取りした車を中古車として販売しますので、事故車を下取りしたところで何のメリットもないため、とくに事故車の下取りに関しては積極的ではありません。

ごくまれに事故車に価格をつけて下取りをしてくれる場合がありますが、これは次に購入する車の値引きを抑えて、下取り価格を上げているだけにすぎません。

結論を言うと、ディーラーに事故車を下取りに出すと、損することしかないのです。

参照:事故車をディーラーに下取りに出すメリットとデメリットとは?

事故車を修理してディーラーの下取りに出してもいいのか??

「事故車(=修復歴ありの車)をディーラーに出すと、下取り価格が0円になるのであれば、事故車を修理してから下取り査定に出せばいいのでは?」と思われるかもしれません。

もし修復歴ありの車を修理するとなれば、車種によっては何十万円の修理費がかかってきます。

その修理費を実費で支払うとなれば経済的な負担が大きいことは言うまでもありませんし、任意保険を
利用したとしても、等級が下がってしまうなど、リスクが大きくなってしまいます。

そこまでのリスクを背負ってまで修理をしてもいいかもしれませんが、修復後に中古車査定士に修復歴の有無を診断してもらうと、すぐに修復歴ありの車であるという診断が下されます。

一部のフレーム(骨格)を修復したとします。

修復された部分のフレームは新しいフレームになりますが、これまでに使用されてきたフレームに関しては少なからず経年劣化していますので、目で見て修復歴があるかないかが、プロに中古車査定士にかかればすぐに見破られてしまいます。

この話しはディーラーの中古車査定士の資格取得を目指している人が、プロの中古車査定士の指導を受けているときの話しを聞いたのですが、プロの中古車査定士は古いフレーム、新しいフレームの色の違いは一瞬で見破るそうですし、わずかなフレームのゆがみに関しても見破るそうですよ…。

つまり事故車を修理してからディーラーへ下取りに出したとしても、すぐに修復歴があるという診断が下されて、事故車の扱いとなってしまうため、下取り査定価格は0円になってしまいます。

また事故車を修理することで修理費用などの経済的負担が増えることは間違いありません。

実費であれば財布のお金がなくなりますし、任意保険を利用する方法もありますが、等級ダウンの可能性があります。

等級ダウンしてしまうと、ダウンした分の保険料が高くなってしまうため、結局経済的負担は大きくなってしまいます…。

ディーラーに事故車を下取りしてもらう場合は、下手に修理するのではなく、ありのままで査定してもらうことが賢明です。

事故車でも大丈夫!カーネクストを利用して事故車を高価買取してもらおう!

「事故車になるとディーラーで下取りしてもらうと0円になってしまうのか…。ん?ということはこの事故車はどうしたらいいんだ??引取りしてもらうとなっても解体費用や、陸運局で行なわなければ
ならない永久抹消登録手続き(廃車の手続き)で自分がお金を支払わないといけないんでしょ…」

事故車は不動車でないからといって乗り続けるにしても、修理しなければみすぼらしい姿のまま走るこ
とになりますし、不動車となると駐車場においておくと毎月の駐車料金がかかったり、いつまでもそのスペースを使い続けることになります。

しかし不動車を動かすとなってもレッカー代金が必要になります。
レッカー移動はJAF会員の場合は15kmまでは無料ですが、15kmを超えると1kmごとに720円が発生します。

任意保険についているロードサービスを利用すると、指定整備工場までであれば距離は無制限でレッカーサービスを行なってくれます。

しかしいずれの場合も、永久抹消登録手続きは自分で陸運局へ出向いて手続きしなければいけません。

ここまでのお話しだけでも「事故車の処理ってそんなに大変なのか…」「面倒くさい…」と思われた方がいらっしゃるでしょう。

そこで利用をおすすめするのが「廃車買取専門のカーネクスト」という業者です。

カーネクストは廃車買取業者で、事故車、不動車、水没車など、廃車にする車を引取ってくれる業者です。

しかも単に引取ってくれるだけではなく、なんと車を「買取り」してくれますし、さらにレッカー移動が必要な場合はレッカー代金無料、また陸運局で行なわなければならない永久抹消登録手続きを代行してくれますが、その代行費用も無料なのです!

「廃車になる車を買取りって…、何百円、何千円でしか買取りしてくれないんでしょ?」と思われるかもしれません。

カーネクストの廃車買取実績の一例をあげてみますと、日産エクストレイル・平成22(2010)年式・排気量2000cc・走行距離50000kmで、横転事故によりタイヤシャーシが歪み、走行不能の状態だったのですが、年式が新しかったため、210000円で買取りされています。

これだけの高価買取をしてくれるだけでなく、レッカー代金も永久抹消登録手続き代行手数料も無料になるということは、買取査定を依頼した人は、電話やメールでカーネクストの人とやり取りして、実際に現車を取りにきたカーネクストのスタッフと立ち会うだけです!

もちろん永久抹消登録手続きに必要な書類を役所に取りにいったり、カーネクストのスタッフがもってきた永久抹消登録手続きのときに必要な委任状の記入はしなければいけませんが、たったそれだけ動けば、あとはカーネクストがやってくれるのです。

ご自身の車が事故車となってしまった場合は、カーネクストに相談・依頼するといいでしょう。

さいごに

今回の記事では、事故車の下取り相場について、また事故車は修理してから下取りに出したほうがいいのかについてご紹介しました。

事故車の下取り相場は0円と思っておいたほうが賢明で、万が一下取り価格がついたとしてもごくわずかしか金額がつきません。

0円という下取り金額がついたしても、0円でディーラーが事故車を引取ってくれるわけではなく、解体費用などが請求される可能性があります。

しかし今は事故車の引取りが0円以上のカーネクストがあります。

カーネクストでは事故車を買取りしてくれるだけでなく、事故車を移動させるためのレッカー代金や、陸運局で行なわなければならない永久抹消登録手続きの代行手数料も無料でやってくれますので、事故車の買取を依頼したお客様は出費することなく事故車を処分してもらえるのです。

もし事故を起こされて事故車の処分にお困りの場合は、ディーラーではなくぜひカーネクストに相談・買取りを依頼してみてください。

詳しくはこちらをご覧ください。

事故車を少しでも高く買い取ってもらいたいならこちらをどうぞ(無料)

-事故車の買取
-, ,

Copyright© 損してる?事故車買取で高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.