事故車の修理

事故車を修理しない方がいいケースとは?

更新日:

 

「事故車を修理しようか迷っている…」

「事故車を修理するのと乗り続けるのってどちらがいいんだろう…」

なんてあなたは思っていませんか?

事故を起こした車であっても自走が可能な限り、修理して乗り続けることは可能です。

自分の車に愛着がある、自分が乗っている車は希少車だから解体に出すなんてもっての外と思う方は、何としてでも修理して乗り続けることをお考えになるでしょう。

ただ事故車を修理しながら乗り続けると、さまざまなリスクを負う場合があります。

また事故の程度によっては、修理費が高額になることも考えられます。

もし修理費が高額になった場合、車を買い替えることも視野に入れる必要が出てきます。

その場合は買い替えたほうがいいのでしょうか…??

今回は、事故車を修理しないほうがいいケースはどのような場合か、また修理しないとなると車を買い替えることを視野に入れないといけませんが、お得に車を買い替える方法はあるのかについてご紹介します。

事故車は修理したほうがお得??

事故車を修理した方がお得なのでしょうか。
そのことについて考えたいと思います。

修理したほうが得なことはある??

任意保険の特約で修理費用がカバーできる場合

事故車はどれだけ綺麗に修復したとしても、プロの中古車査定士にかかればすぐに事故車かどうかが判別できます。

事故車であるという判定が出されれば、もちろんのことですが買取査定金額がぐんと下がります。

「ということは、事故車は修理して乗り続けたほうがいいってこと?でも修理費用が高額だと絶対に修
理しないほうが得だよね?」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

ここでは修理したほうがお得なケースについてお話ししますね。

これまでに「事故車」という言い方をしてきましたが、中古車査定士の間では事故車という言葉は存在せず、一般に事故車とよばれるのは「修復歴ありの車」をさします。

修復歴ありの車は、車のフレームを修理・交換した車のことをいいます。

フレームとは人間の体でいうと骨にあたる部分で、このフレームを修理・交換するとなると相当な技術が必要になるだけでなく、十分な設備が整っていない工場でないと修理・交換ができないため、部品代金や工賃もかなり高額になり、場合によっては100万円を超えることも珍しいことではありません。

もしあなたが道路交通法に適した場所に停車していたとして、そこに他の車が追突してきました。

検証の結果、あなたにはまったく非がなく相手の過失が10割となり、相手が任意保険に加入していたとしても、あなたの車の時価相場が10万円の場合、その修理費用は10万円までしか支払われません。

もしお互いに任意保険の特約で「車両全損修理時特約」や「対物超過修理費用特約」などに加入している場合は、両者ともに50万円まで修理代を支払ってもらえますので、両者を合わせた100万円まで支払ってもらえることになります。

あなたの車の修理費用が100万円なら、すべて保険で修理費用を支払うことができますので、その車がお気に入りの車であれば修理したほうがお得な場合があります。

参照:事故車の修理費用の相場はどのくらい?事故度合い別に解説

任意保険の特約で修理費用がカバーできない場合

任意保険の特約で「車両全損修理時特約」や「対物超過修理費用特約」などに加入していれば修理費用がカバーできるとお伝えしましたが、これらの特約に入っていない場合は、マイカーの時価相場しか
支払ってもらえない場合があります。

もし修復歴ありになるような、フレームを修理・交換しなければならない事故であれば修理業者に依頼することをおすすめしますが、フレームの修理・交換は必要ないけれどバンパーやライト系など、交換しなければならない部品がある場合は、自分で作業するのも1つの方法です。

今はネットが普及していますので、よっぽど希少な車でない限り、必要な部品に関してはネットで検索すれば購入することができます。

場所によっては事故車・不動車の部品をもぎ取りさせてくれるところもあります。

そこでは自分のほしい部品を自分で取り外して、レジで支払いをして部品を購入します。

また最近では中古パーツを販売している店もありますので、それらの店で部品を購入することも可能です。

「でもどうやって取り付けたらいいか分からないよ…」と思われ方も、ネットで取付方法を検索すると高い確率で取付方法の説明や写真が出てきます。

自分で取付する場合はドライバーや六角レンチなど、場合によっては特殊な工具が必要な場合がありますので、ホームセンターや工具屋さんで購入しなければいけません。

邪魔くさいと思われるかもしれませんが、任意保険で修理費用がカバーされないのであれば、自分で作業するのが一番安くつく方法です。

どうしても作業に行き詰った場合や、最初から自分で取付のは無理だと思われた方は、とりあえずネットで部品を購入して、持ち込み部品を取付してくれる業者を探して、作業の依頼をするといいでしょう。

部品だけでもネットを利用して自分で購入しておいたほうが安くつきます。

中古部品の購入を業者に依頼することも可能ですが、部品購入に対しての手数料などを上乗せされる可能性がありますのでご注意ください。

修理しないほうが得なことはある??

先ほどお伝えしたように、フレームを修理・交換するとなると高額な費用が必要になります。

もし任意保険の特約でカバーされないとなると、修理費用で足が出た分は自分で補う必要があります。

そうなると修理して乗り続けるべきかを迷いますよね。

また愛車を大切にしたい、希少車なので乗り続けたいという気持ちがあり、修理して乗り続けたいというお気持ちは十分に理解できます。

ただ事故車は事故の程度にもよりますが、修復歴ありになるような大きな事故の場合、フレーム部分を修理・交換したとしても。他の部品にも衝撃が加わりダメージを受けていることがほとんどですので、再び乗り続けているうちに不具合が発生する可能性が高くなります。

それを気づかずに乗っているほど危険なものはありませんし、その不具合箇所が車検基準になっているものであれば、車検時に部品を交換しなければいけません。

事故車はフレーム修理・交換だけで修理が完了するわけではないのです。

つまり事故車を乗り続けるということはそれだけのリスクがあるということです。

「確かにリスクはあるけど…、でも修復歴ありの車は、買取査定業者は高値で買取りしてくれないし、結局どうしたらいいの??」と思われることでしょう。

事故車を引取ってもらうとなると、あなたはどういったところで引取ってもらえると思いますか?

多くの人はディーラーの下取りを浮かべるかもしれませんが、ディーラーの下取りでは事故車は価値のない車とみなされ、買取金額に関しても0円になることがほとんどです。

それどころか車を解体するための解体費用を別途請求されると思っていただいたほうがいいでしょう。

その他の方法としては、買取査定業者に買取ってもらうという方法があります。

買取査定業者は、事故車であったとしても、まだ使うことができる価値のあるパーツがたくさんついていると少額ですが、買取ってもらうことはできます。

ただその買取金額は、事故車であるといえども、車の所有者からすると納得のいく金額ではないと思います。

そのような場合にお得に事故車を処理する方法があるのです!

この方法は修理しないほうが断然お得な方法といえますよ!

参照:事故車を修理し乗り続けるか買い替えるかは何を基準にしたらいい?

事故車をお得に廃車!廃車買取業者「カーネクスト」で事故車を高価買取!

先ほどは事故車を修理すると、おおよそどれほどの金額が必要なのかをご紹介しました。

任意保険の特約で修理費用がカバーされない場合は、自分で修理費用を補うことになり、いくら乗り続けたいとなっても限度があると思います。

いざ車を引取ってもらうとなってもディーラーや買取査定業者に依頼しても、全然満足のいかない金額でしか引取ってもらえないとお伝えしました。

そんなときにぜひ利用してほしいのが廃車買取業者です。

廃車買取業者は、事故車はもちろんのこと、不動車や水没車などを買取りしてくれる業者です。

その代表として「廃車買取専門のカーネクスト」という廃車買取業者があります。

カーネクストは、廃車にする際に陸運局で「永久抹消登録手続き」をしなければいけませんが、このような手続きを無料で行なってくれますし、全国展開・年中無休で対応してくれます。

何よりも強みなのが、あらゆる車を高価買取してくれるということです!

カーネクストの買取実績の一例をあげると、平成15(2003)年式、トヨタ・ハイエースバン、排気量2000cc、走行距離71000kmの廃車車両を、なんと!450000円で買取った実績があります!

このハイエースは、側面広範囲にキズあり、運転席シートに破れがあるのですが、トヨタ車の中でもとくに海外需要の高い車種であるため高価買取となったのです。

このようにカーネクストは高価買取をしてくれますし、どんな車であっても0円以上の買取保証をしていますので、車の所有者がお得にしかならないのです。

つまり事故車は買取ってもらって、その買取金額を次の車の購入資金にあてるのが賢明でしょう。

さいごに

今回は、事故車を修理しないほうがいいケースはどのような場合か、また修理しないとなると車を買い替えることを視野に入れないといけませんが、お得に車を買い替える方法はあるのかについてご紹介しました。

大切な愛車を乗り続けたい場合、任意保険の特約で修理費用がカバーされるのであれば、高額な修理費用であったとしても修理することが可能ですので「乗り続ける」という選択をしてもいいかもしれません。

ただ任意保険の特約がなく修理費用がカバーされない場合は、自分で修理費用を補わないといけませんし、そこまで修理費用を費やしたとしても、他にも不具合が出る可能性が高いため、無理に修理する必要があるのかを考えなければいけません。

世の中にはカーネクストのような廃車買取業者があります。

カーネクストは廃車する車を高価買取してくれますので、高く買取ってくれたお金で、次の車を購入したほうが賢明です。

しかもカーネクストは高価買取してくれるだけでなく、レッカー代金や廃車するときの書類手続きを無料で代行してくれるので、買取金額がそのまま手元に入ってくるため、いくらお金が入ってくるかが明確に分かります。

そうであると次の車を購入する際の金策が立てやすいですよね。

次の車を購入するためにも、カーネクストで事故車を高価買取してもらってはいかがでしょうか?

詳しくはこちらをどうぞ。

事故車を少しでも高く買い取ってもらいたい方はこちらをご覧ください(無料)

-事故車の修理
-, ,

Copyright© 損してる?事故車買取で高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.