事故車の買取

事故車の買取の査定相場は?どのくらい下がるの?基準ってあるの?

投稿日:

 

「車の買取をお願いしようと思うんだけど事故車だと安くなるんだよね?」

「事故車だと査定はどのくらい下がるもんなの?」

なんてあなたは思っていませんか?

車をこすってしまうと、室内にも嫌なこすり音が響くだけでなく、車から降りてこすった部分を見に行
くのも勇気がいりますよね…。

実際にこすった部分を見に行くまでに、どれほどのキズになっているのかを頭の中でイメージする人が多いでしょうし、実際にこすった部分をみたら予想以上にキズが大きくてびっくりするときもあります。

キズやヘコミができた箇所をそのままにしておくと、雨や風にさらされていくことでその部分の劣化が進み、さびができたりすると余計に修理費用がかかります。

修理するのであればできる限り早めに修理する必要があります。

先ほどのお話しで「修理すると“修復歴あり”の車になってしまう」と言っていましたが、実は車をこすって修理をしただけでは「修復歴あり」にはなりません。

中古車を購入した経験がある方はご存じだと思いますが、中古車を探すときに「修復歴あり」かどうかを気にしたことありますよね?

あまりにも安く販売されている中古車だと「これは修復歴がある車なのでは?」と真っ先に疑う人もいます。

この「修復歴」についてはきちんとした定義がありますので、もし定義をご存じでない方は、ぜひ今回の記事を読んでください。

まずはその定義を知っていただいたうえで、事故車の買取査定相場についてご紹介します。

事故車=修復歴?!修復歴の意味を正しく知ろう!

まずは事故車と修復歴について解説します。

実は事故車という言葉は存在しない?!

事故車という言葉をお聞きになったことがあると思いますが、実はこの言葉、中古車査定士の間では使われない言葉ですし、そもそも査定の中で事故車という言葉は存在しません。

かと言って、中古車査定士の中でも「事故車」と「修復歴ありの車」の区別がついていない方もいらっしゃるかもしれませんが、事故車という言い方は、あくまでも中古車査定士がお客様に分かりやすいように、修復歴がある車のことを「事故車」という言い方をする場合があるのです。

「修復歴あり」の定義とは??

では修復歴がある車とはどのような車のことをいうのでしょうか。

修復歴ありの車の定義としては、次の①~⑨までの1ヶ所でも交換または修復されたことがあれば「修復歴ありの車」となり、買取査定価格が下がります。

①フレーム(サイドメンバー)
②クロスメンバー
③インサイドパネル
④ピラー
⑤ダッシュパネル
⑥ルーフパネル
⑦フロア
⑧トランクフロア
⑨ラジエータコアサポート

言い換えると、これ以外の箇所を事故などで交換または修復していたとしても「修復歴ありの車」とはならないということです。

①~⑨はいわゆる「フレーム」とよばれる部分ですから、ある程度大きな事故を起こさないと、この部分が修復・交換されることはありません。

こんな場合は「修復歴あり」にはなりません!

よく勘違いされがちなのは、車をキズつけたりヘコませたりして「修理・交換した」=「修復歴ありの車」と思われますが、それは大きな間違いです。

例えば車を壁にぶつけてしまいドアにヘコミができたため板金・塗装で修理したり、追突事故でリアバンパーは損傷したけれどトランクまで影響がなかったなど、これらの場合は「修復歴ありの車」とはなりません。

正面から前の車に突っ込んでしまい、フロントバンパーやヘッドライトが破損したので修理・交換したとしても「修復歴ありの車」とはなりません。

「事故」と言ってもいろいろな事故があり、小さい事故から大きい事故がすべて同じで扱いをされるわけではなく、バンパーを交換した、ドアを交換した、ドアの凹みを板金で直したなどの場合は修復歴ありの車の扱いにならないのです。

ただし修復や交換をした場合は新品の部品を用いると思いますが、その場合は周辺のパーツは古くて経年劣化しているのに部分的に新しい部品が使われていることで、修復・交換したということがわかりますので、買取査定にまったく影響しないわけではないという考えをもっておくべきです。

残念ながらこんな場合は「修復歴あり」になります…!

例えば走行中に側道にある障害物に激突してしまって、ドア、フェンダー、ピラーを破損したため修理・交換を行なった場合、ドアとフェンダーの交換・修理だけだと修復歴ありにはなりませんが、ピラーを修復しているため、その車は「修復歴あり」になってしまいます。

やはり修復歴ありを判断するためには、先ほど示しました①~⑨の部分が修復されているか否かがポイントになります。

買取査定業者に騙されない!修復歴の意義を知っておくだけで自分が不利益にならない!

先ほどは「修復歴あり」の定義についてお伝えしました。

世の中にたくさんの買取査定業者がありますが、ごく一部ではお客様の無知につけこんで騙してこようとする買取査定業者が存在します。

例えば買取査定業者の中古車査定士が、自分の車を査定しにきたとしましょう。

そのときに中古車査定士に「一度ドアを交換されていますよね?これは修復歴ありの扱いになってしまうので、高い買取査定金額はつけられませんね…」と言ってきました。

そう言われたときにご自身が修復歴ありの定義を知らなければ「そうなんですよ…。前に事故をしてしまって…。それでドアを交換してるんですよね…。修復歴がありますよね…。」という返答になってしまいます。

そうなるとさらに中古車査定士は「ははーん、この客は修復歴ありの定義を知らないんだな。もっと足元をみれるかもしれない」と弱みをつけこんでくるでしょう。

それだと、車を買取ってもらう側が損をしてしまいますよね。

でも今回の記事をお読みいただいているあなたはもう大丈夫です!

「一度ドアを交換されていますよね?これは修復歴ありの扱いになってしまうので、高い買取査定価格はつけられませんね…」なんて言われたとしても「確かにドアは交換してますけど、ピラーを修復しているわけではないので、修復歴ありの車にはならないですよね?」と言えるはずです。

そうすると中古車査定士も「この客は車のこと知っているな…。」という心境になり、修復歴ありの車だと言ってこなくなりますね。

また中古車査定士といっても、査定士の資格をもっていない人が査定しにくることも頻繁にありますので、何の知識もなく単に部品・パーツの交換履歴があるだけで「修復歴がありますね」と平気で言ってくる場合があります。

そんな場合でも、ご自身で修復歴ありの定義について知っておけば、中古車査定士に正論を伝えることができますよね。

車のことに関する知識を少しでも多くもっているだけで、中古車査定士に騙されることはありませんし、修復歴なしの車を査定してもらうことで、買取査定金額を減額されることもありません。

修復歴ありの車!買取査定相場はどれくらい??

それでは修復歴がある車だと買取査定相場はどうなるのでしょうか。

修復歴ありの車はどれくらい買取査定金額が下がるのか??

修復歴ありの車を買取査定依頼した場合、いったいどれほどの買取査定金額がつくのでしょうか。

一般的には、修復歴なしの中古買取相場の約7~8割しかつきません。

約7~8割という割合が一般的になっている分、中古買取相場が高い車のほうが減額されてしまうという現象が起きてしまいます。

例えば、中古買取相場が200万円の車の事故車の場合は、140万円~160万円が事故車の買取相場になり、40万円~60万円が減額されていることになります。

ところが中古買取相場が50万円の車の事故車の場合は、35万円~40万円が事故車の買取相場になり、10万円~15万円が減額されていることになります。

このように中古買取相場が高い車のほうが減額されてしまうことがわかりますよね。

トヨタ・アルファードを例にみてみましょう。

①中古買取相場が高いアルファード

年式;2013年式
仕様;3.5 350S タイプゴールド 1オーナーSDツイン 20AW
カラー;黒
走行距離;62000km
車検残り;車検整備付
排気量;3500cc

①のアルファードの場合、中古販売価格が279.9万円ですが、事故車になった場合の買取上限価格が111.96万円という算出があります。

②中古買取相場が安いアルファード

年式;2004年式
仕様;3.0 V MSプレミアム・アルカンターラバージョン
カラー;パールホワイト
走行距離;98000km
車検残り;1年
排気量;3000cc
②のアルファードの場合、中古販売価格が31.5万円ですが、事故車になった場合の買取上限価格が12.6万円という算出があります。

事故による損傷箇所が大きいほど、修復歴なしの中古買取相場の約7~8割の買取価格はつきませんので、修復歴なしの中古買取相場の約7~8割という割合はあくまでも参考割合だと思ってください。

さいごに

今回は「修復歴あり」になる車の定義と、修復歴ありになると買取相場がどれくらいになるのかをご紹介しました。

修復歴ありになる定義を知っている方は少ないようですが、この定義を知っておくことで修復歴のない車を中古車査定士に査定してもらった際に「これは修復歴ありの車ですね」と言われても、正論で返すことができますよね。

フレームの修復がない限りは、修復歴ありの扱いにはなりませんでした。

また修復歴なしの中古買取相場の約7~8割という割合を示しましたが、事故による損傷箇所が大きいほど、修復歴なしの中古買取相場の約7~8割の買取価格はつきません。

今回の記事を参考に、修復歴ありの買取査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

事故車の買取査定なら専門の業者がおすすめです。
専門の業者だと一般の買取業者よりも高く買い取ってもらえる確率が高いです。
詳しくはこちらをどうぞ。

事故車を少しでも高く買い取ってもらいたい方はこちらをご覧ください(無料)

-事故車の買取
-, , ,

Copyright© 損してる?事故車買取で高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.