事故車の買取

事故車扱いの基準ってある?買取で査定が下がったりするの?

投稿日:

 

「前に車をぶつけたことがあるんだけど、事故車扱いになるのかな?」

「事故車扱いになると買取査定でどのくらい下がったりするものなの?」

「修復歴あり、なしってどういう基準で決まるの?」

というような疑問はございませんか?

事故車と聞くと、その名の通り「事故を起こした車」という意味で捉えられますが、事故といっても車をこすっただけでも事故の扱いになりますし、車が大破したときも事故という扱いをします。

つまり「事故車」といっても、事故の程度がどのようなものなのかによって、事故車とよぶのかは変わってきます。

また事故を起こした車であっても、修理をせずにそのままの状態になっているものを引取るのはおもに解体業者ですし、修理をして乗り続けられる状態になっているものは買取査定業者が引取るのが一般的です。

買取査定業者が事故車を引取った場合は「修復歴あり」という表示をするのが一般的ですが、この「修復歴あり」という表示に関しても「事故を起こした車」=「修復歴あり」とは限らないのです。

ただ中古車ショップで売られている車で「修復歴あり」の車はかなり安い値段で売られているのも現実です。

さすがに修復歴ありの車を買うとなると勇気がいることですし、もし購入するとなってもどのような修復歴なのかを知りたいところですよね。

今回の記事では事故車の基準についてのお話しと、事故車は買取査定金額が下がってしまうのかについてご紹介します。

事故車とはいったいどんな車??

それではまずは事故車とはどのような車かについて考えてみたいと思います。

事故車・修復歴がある車ってどんな車!?

事故車、修復歴がある車はどのように違うのかをみていきましょう。

まず「事故車」というのは、事故や災害にあった経歴がある車をさします。

それに対して「修復歴がある車」というのは、骨格部が損傷して、修正や交換をした経歴がある車をさします。

もう少し「修復歴がある車」を細かくみていくと、例えば車のボディを少しぶつけてしまって、1cmほどのへこみができてしまい、そのへこみを修復したという場合は「修復歴がある」とはいいません。

ここで数々の車を査定してきた中古車査定士が、中古車の修復歴の有無をどのように確認しているのか、またJAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)はどのような車であれば「修復歴がある」とみなすのか。

中古車査定士の査定基準は「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に修復歴のあるもの」を修復歴ありの車とみなすのです。

骨格(フレーム)部位等の交換、あるいは修復(修正・補修)したものが修復歴ありとなります。

具体的には、次の8カ所の骨格部位に損傷があるもの、または修復されているものは修復歴ありとなります。

1. フレーム(サイドメンバー)
2. クロスメンバー
3. インサイドパネル
4. ピラー
5. ダッシュパネル
6. ルーフパネル
7. フロア
8. トランクフロア

車はモノコック構造という形をとっており、車の重さを軽くし、外部からの衝撃に対して車内部の前後で衝撃を吸収させ、乗員の安全性を確保する構造になっているのです。

モノコック構造とは、車のボディそのものに骨格としての強度をもたせたフレームのない車体構造(フレームレスボディ)のことをいいます。
生物を例にあげると、人は体内に骨(フレーム)があり体を支えていますが、昆虫のように頑丈な外殻(ボディ)で体を支えているのがモノコック構造なのです。

車は外部から強い衝撃を受けると、力を受けた周辺部だけでなく、わざとボディ全体が変形するようにつくられています。

そのため車の骨格等に強い衝撃を受けた事故では、商品価値が下がることが見込まれ、修復歴ありの車になってしまうのです。

中古車査定士は査定のプロですので、ある程度車を見ることで修復歴ありかどうかを見つけることができます。

車のメカニックであっても、ある程度車をみれば修復歴ありかどうかを見つけることができます。

修復歴がある車は板金のあとがみられたり、部位を交換している場合は、部品の劣化度合い(錆や経年劣化)をみてすぐに修復歴があるかどうかが分かるのです。

ですので「どこかに軽くぶつけた」「壁にガリガリとこすってしまった」となって修理したとしても、それは「修復歴あり」にはなりませんし「事故車」の扱いにはなりません。

事故車で買取査定金額に出てくる影響とは?!

それでは事故車が買取査定でどのくらい影響してくるのかについて解説します。

修復歴ありの車はどれくらい買取査定金額に影響が出る?!

車の「修復歴あり」と「修復歴なし」では、どれぐらい買取査定金額に影響が出るものなのか。

例えば修復歴なしの車が100万円の買取査定金額がついたとすると、修復歴ありの車はだいたい70万~80万ぐらいの買取査定金額になるのが一般的です。

つまり修復歴ありの車は修復歴なしの車の7~8割の買取査定金額しかつきません。

先ほどの例だと差額は20万~30万円にもなります。

ただ同じ車の年数が経っていくと、修復歴なしの車であってもその価値は下がります。

例えば先ほどの修復歴なしの車が100万円だったのが、経年によって30万円まで買取査定金額が下がったとしましょう。

修復歴ありの車の場合は、30万円の買取査定金額の7~8割しか買取査定金額がつきませんから、金額に換算すると、21~24万円の買取査定金額しかつきません。

その差額は6~9万円になります。

つまり修復歴ありと修復歴なしの車では、年々買取査定金額の差額がどんどん小さくなっていきます。

言い換えると、新車同様の時期が、1番差額が大きくなるということです。

実はあいまいだったりする「修復歴」

これまでにお伝えしてきたように、修復歴があれば買取査定金額に影響が出るのが一般的です。

ただ、修復歴の基準はあいまいな部分があって、事故をしていなくてもパーツに交換などがあった場合完全に修復とみなされるときがあります。

例えばトヨタ30前期セルシオを後期仕様にした場合、多くの外装パーツを交換しなければいけませんが、この車を買取査定業者Aでは修復歴ありとみなされ、本来買取査定金額が50万だったものが0円と査定されます。

一方で買取査定業者Bでは修復歴とみなさず60万円の買取査定金額が出ることもあります。

これは買取査定業者によって一定の基準があり、その後の売却までを視野に入れて査定しているため、買取査定業者によって買取査定金額が変わってくるのです。

つまり修復歴の有無は状況に買取査定業者によって異なる場合がありますので、修復歴の有無は複数の買取査定業者に確認することをおすすめします。

事故車を少しでも高く売る方法とは?!

「事故車を買取査定してもらっても高く売れなそう…」

と思っていませんか?

でもちょっとしたことを知っているだけで査定額を下げずに済むこともあります。

買取査定業者の上手な売り文句に騙されないように!

先ほどお伝えしましたように、軽くぶつけたり、壁にこすった場合に修理したとしても、それは修復歴ありにはなりませんし、事故車の扱いにはなりません。

ましてやキズつけた箇所をきちんと修理したのであれば、買取査定金額に大きく響くことはありません。

しかし買取査定業者は「ここ修理してますね…」「ここのパーツを替えていますね…」といいながら、できる限り安い価格で買取ろうとします。

買取査定業者も商売でやっていますから、1円でも安く買取りたい気もちは分からなくはないですが、このような形で修復歴なしの車を、修復歴ありの車だと言ってくる買取査定業者がいます。

でもそんな売り文句に負けてはいけませんよ!

事故車でも高価買取をしてくれる「カーネクスト」

買取査定業者は言葉巧みにセールスをしてきますが、その買取査定業者の言葉に流されず、少しでも高く車を買取ってもらう方法があります。

それは廃車や事故車専門の買取業者に買い取ってもらう事です。

専門にしているだけあって他の業者よりも高めに買い取ってもらうことができるんですね。

その中でおすすめなのが「廃車専門の買取業者カーネクスト」です。

カーネクストは、全国対応の廃車買取業者で、顧客満足度95%という実績があり、廃車買取業界ではほぼ一強といわれています。

カーネクストは事故車のみならず、不動車や水没車であっても0円以上の買取保証をしてくれます。

例えば先ほど、高年式の車であるほど修復歴がない車と修復歴がある車では差額が大きくなるとお伝えしました。

そんな中、カーネクストでは高年式である、平成23年式・トヨタヴィッツ・走行距離90000kmの事故車を320000円で買取っている実績をもっています。

本来買取査定業者では値段がつかない車がこれだけの高値がつくのです。

事故車の買取りをお考えの方は、一度「カーネクスト」を利用してみてください。

さいごに

今回の記事では事故車の基準についてのお話しと、事故車は買取査定金額が下がってしまうのかについてご紹介しました。

車の骨格(フレーム)部位等の交換、あるいは修復(修正・補修)されたものは「修復歴あり」の扱いになるのでしたね。

買取査定金額も、修復歴がある車は修復歴がない車と比べると7~8割ほどしか買取査定金額がつきませんでした。

7~8割というのはあくまでも割合の話しで、高年式な車ほどその差額は大きくなりましたね。

また修復歴ありの扱いに関しては、先ほどお伝えした「車の骨格(フレーム)部位等の交換、あるいは修復(修正・補修)されたもの」というのが原則ですが、買取査定業者によって基準が変わる場合がありますので、一度複数の買取査定業者に査定依頼をしてみてもいいでしょう。

ただ事故車を買取査定業者が高く買取ってくれるケースはあまり多くありません。

少しでも高く買い取ってもらうなら廃車・事故車専門の買取業者に限ります。
業界でも特に買い取り実績が多いのがカーネクストです。
一度査定をしてもらい他社と比較するとその違いが分かるかもしれません。
詳しくはこちらをどうぞ。

廃車買取専門店のカーネクストを詳しく見てみる

-事故車の買取
-, , , ,

Copyright© 損してる?事故車買取で高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.