「事故車を廃車にしようと思うんだけどどのくらい費用がかかるんだろう…」

「事故車だけど車の買取ってしてもらえるのかな?」

「タダでもいいので事故車を処分してもらいたい…」

あなたはそのようなことを思ってはいませんか?

事故で車に大きなキズやヘコミができたり、走行ができないほど大破した場合、車を廃車にしようと思う方が多いでしょう。

しかし車を廃車してもらうということは、車を潰す(解体する)わけですので、自分が解体費用を負担しなければいけません。

ただできることなら解体費用を安く抑えたいという思いは誰にでもありますし、しいていうと事故車を買取りしてくれると自分にお金が入ってくるので、買取りしてくれる場所があるのなら、その業者を知りたいですよね。

今回は事故車を買取りしてくれる業者のおすすめランキングをお伝えするとともに、事故車の買取りやそのしくみについて徹底解説していきますので、ぜひ熟読してください。

忙しい方用に先にランキングをご紹介します。

1位

>>>廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト<<<
(テレビCMでもお馴染みで人気No1の買取業者)

2位

>>>廃車ラボ<<<

3位

>>>廃車ひきとり110番<<<

事故車でも買取りってしてくれるの?

事故を起こした車には、少なからずキズやヘコミがついていますし、規模の大きな事故になると自走ができないほど大破したものもあります。

中古車を査定する中古車査定士は、査定する車が事故車なのかを確認します。

ただ中古車査定士は「事故車」という言葉を使いません。

事故車にも損傷の大小があるため、中古車査定士は以下の9カ所を修理・交換した車を「修復歴ありの車」、そうでない車は「修復歴なしの車」という扱いをします。

①フレーム(サイドメンバー)
②クロスメンバー
③インサイドパネル
④ピラー
⑤ダッシュパネル
⑥ルーフパネル
⑦フロア
⑧トランクフロア
⑨ラジエータコアサポート

単にドアをこすってキズがついたとして、ドアを丸ごと交換したとしても、それは修復歴なしの車の扱いになります。

一般に事故車と言われる修復歴あり・なしの車であっても買取りしてくれる業者はたくさんあります。

どうして事故車でも買取りしてくれるの?

修復歴ありの車は、フレームに損傷が及ぶほどの大きな事故を起こした車です。

廃車買取業者はそういった事故車であっても買取りしてくれます。

ただ多くの方は「なぜ事故車みたいな使えない車を買取りしてくれるの??」と思われるでしょう。

廃車買取業者も「業者」ですから、事故車を買取りすることで利益を得ています。

事故車は走ることができなくて価値のない車と思われがちですが、廃車買取業者からすると利益がたくさん出る価値のある商品なのです。

例えば事故車でも、まだまだ使うことができるパーツがたくさんあります。

廃車買取業者はそのようなパーツを取り外して販売し、部品を取り外してフレームだけになった車は、金属買取業者にフレーム部分を買取りしてもらうのです。

このように事故車であってもパーツやフレームなど、お金に代わる部分がたくさんありますので、廃車買取業者は積極的に事故車を買取っていくのです。

買取査定で0円なら廃車にしても同じ?

あふれるほど存在する買取業者

自分が住んでいるところから車で30分圏内に、車を買取りしてくれる店はいくつありますか?

「車を買取りしてくれる店」は、おもに以下の8つあります。

①新車ディーラー(トヨタ・日産・ホンダ・マツダ・三菱・スバル・ダイハツ・スズキ…)
②大手車買取専門店(ガリバー、ビックモーター、ラビット、JAC…)
③中小車買取専門店(個人経営ショップ…)
④ガソリンスタンド
⑤車の整備工場
⑥オートバックス
⑦車の解体業者
⑧中古車の輸出業者

日本全国の買取業者(自動車販売店)の数は83295件(2014年調査)あるのですが、日本全国すべてのコンビニの数は56882件(2017年調査)と、国内ではコンビニより圧倒的に買取業者のほうが多いのです。

店が車を販売しているということは、買取りもやっているということですので、車を買取りしてくれる店は日本全国にあふれていることになります。

ただ車を買取りしてくれるところがこれだけたくさんあるのにもかかわらず、事故車を査定に出した場合はほとんどの店で0円といわれるでしょう。

買取業者は買取りした車を他で販売して利益を得たいため、事故を起こした車を買取ったとしても高値で販売できるわけではないため0円という結果になってしまうのです。

買取金額0円だからといって廃車にするのはまだ早い

「結局買取業者が0円というのなら廃車にしても一緒だな」と思われますが、廃車にしてしまうのはまだ早いです。

なぜかというと廃車にするとなると、以下のような廃車費用がかかってしまいます。

①引取手数料 10000円~
②レッカー代金 20000円~
③永久抹消登録代行手続き 10000円~
④解体費用 10000円~

①~④を合計すると、廃車にかかる費用は最低でも50000円以上は必要になります。

つまり買取金額が0円だからといって車を廃車にしてしまうと、思わぬ大金が必要になるのです。

「だったら事故車の処分はどうすればいいの?」と思われた方は、廃車する車を買取りしてくれる業者(廃車買取業者)を利用することを検討してみてはいかがでしょうか。

廃車買取業者を利用することの最大のメリットは、業者によっては①~④の費用がすべて無料というところがあります。

無料であれば大金を用意しなくても安心して車を廃車にすることができますね。

事故車の買取りと下取りってどっちがいいの?

車を手放す場合に「買取り」にするのか「下取り」にするのかをお考えになると思います。

「買取り」は、自分の車を買取りしてもらうことをいいます。

買取りの場合、買取金額は銀行口座などを通じて現金で支払われます。

例えば買取金額が30万円の場合は、30万円が現金で支払われるということです。

「下取り」は、自分が次に購入する車がある場合に、今乗っている車を販売店に下取りしてもらい、その下取り金額を次の車の購入資金にあてるというものです。

例えば次に購入する車が100万円で、今乗っている車を30万円で下取りしてもらうと、次に購入する車の価格が、100万円-30万円=70万円で購入できるということです。

下取りの場合は買取りとは違って、引取ってもらった車の代金は手元に入ってくることはなく、次の車の購入資金からマイナスされることになります。

事故車の買取りのメリット

あなたの車が人気車種であったり、高グレードや限定車など、世の中に出回っている数が少ない車ほど高値で買取りしてもらえます。

買取業者は今どのような車が人気で売れ行きがいいのかを常にチェックしているため、事故車であっても買取りをしたあとに高値で販売できる車だと高価買取をしてくれます。

事故車の買取のデメリット

事故車を買取りに出すと、事故車でない車よりかは低い価格での買取りになることは避けられません。

ただでさえ事故車の買取金額は低いわけですが、それに加えて不人気車種や世の中に出回っている数が多い車ほど、さらに買取金額は低くなります。

先ほどお伝えしたように買取業者は中古車市場と中古車相場をリアルタイムにチェックしているため、買取りをして、後に販売する場合に利益が薄い車に関しては、買取金額は高くつきません。

事故車の下取りのメリット

下取りは中古車相場の影響を受けて価格が決められるのではなく、イエローブックといわれる本に書かれている査定基準をもとにして算出しますので、下取り価格は安定しているといえます。

事故車であっても、下取りしてもらったあとは次の車を購入するという強みがあるため、交渉次第では下取り金額を上乗せしてもらえる可能性があります。

事故車の下取りのデメリット

例え次に購入する車があるといっても、事故の損傷具合によっては低い価格でしか下取りしてもらえない場合があります。

とくにディーラーの下取りはイエローブックに基づいて下取り金額を決めますが、事故車でない車であっても下取り金額が低い場合がありますので、事故車となると下取り金額が0円に近い金額になってしまうこともあります。

事故車の買取はどこでやってくれるの?

車屋さんであれば基本的に買取りはどこでもしてくれる

事故車の買取りは以下の7つのように、基本的に車屋さんであればどこでも買取りしてくれます。

①新車ディーラー
②車買取専門店
③ガソリンスタンド
④車の整備工場
⑤オートバックス
⑥車の解体業者
⑦中古車の輸出業者

自動車商(古物商)の資格をもっている個人の買取り

今ではネットが普及しているため、スマホアプリの「アッテ」「ジモティ」などを利用して事故車の買取りをしてくれる方がいます。

ただ車を買取りするためには自動車商の資格をもっていなければなりません。

自動車商の資格は警察署で申請・取得するもので、他の人から車を買取り、買取りした車を他で販売する場合はこの資格が必要になります。

なぜこのような資格があるのかというと、盗難車が売買されていないかを警察が把握するためです。

このように今では車屋さんだけでなく個人が事故車の買取りをやってくれます。

事故車専門の買取業者

これまでに紹介してきた買取業者は、おもに事故車でない車を買取りしてくれる業者でした。

そのような買取業者であっても事故車を買取りしてくれますが、買取業者からすると事故車でない車を買取りして、それを他で販売することで利益を得たいと思っています。

言いかえると、まだ問題なく乗ることができる事故車を買取りしたとしても、他で販売するときは「修復歴あり」と表示して販売しなければいけません。

修復歴の車を販売するときは、販売価格は低い値段で設定しなければ売れませんし、第一、車の購入を考えているお客様は、修復歴ありの車は敬遠しがちですので、結局売れ残る可能性が高いです。

だから買取業者で事故車の買取りを受付けてくれたとしても、安値でしか買取りしてくれません。

ところが!今では事故車のように廃車にする車を専門に買取りしてくれる「廃車買取業者」という業者が存在します。

廃車買取業者は、事故車だけではなく不動車や水没車など、廃車にする車であればどんな車でも買取りしてくれます。

つまり事故車を廃車する場合は、事故車専門の買取業者である廃車買取業者に依頼するといいでしょう。

事故車の買取業者を選ぶ時のポイントとは?

ディーラーは選ばない

事故車の買取りを依頼するとき、いくらディーラーに知り合いがいる場合でもディーラーに依頼するべきではありません。

ディーラーは事故車でない車であっても、初年度登録から10年以上経過している過年式車や、積算走行距離が10万キロを超えている過走行車であっても、買取金額は0円に近い金額しかつけてくれません。

それが事故車となると買取金額が0円になるどころか、廃車費用まで請求される可能性がありますので、あなたがお金を支払うことになり、損をしてしまいますから、事故車の買取りでディーラーを選ぶべきではありません。

最寄りの買取業者に査定する

お住まいに周辺には複数の車屋さんがあると思います。

車屋さんであれば基本的に車の買取りをしてくれますので、いくつかの買取業者に査定金額を出してもらいましょう。

ここでのポイントは「複数の」買取業者に査定してもらうことです。

1社しか査定しないとその買取業者の買取金額しか分かりませんが、複数の買取業者に査定してもらうことで買取金額の比較ができます。

一番高値をつけた買取業者を選ぶと損しませんよね。

ネットの一括査定を利用する

先ほどはお住まいの周辺の車屋さんで査定してもらうことをお伝えしましたが、走行できないほどの事故車の場合は、買取業者に持ち込めないため査定してもらうことが難しいですよね。

事故車を保管している場所まで出張査定してくれる買取業者であれば査定してもらうことはできますが、すべての買取業者が出張査定してくれるわけではありません。

しかも買取業者を1つずつ訪れるのは時間や労力が必要ですよね…。

そこで多くの方が利用しているのがネットを使った一括査定サイトです。

一括査定サイトを利用すると、いつでもどこでも自分が好きなときに買取金額の「相場」を教えてもらうことができます。

なぜ「相場」なのかというと、実際の買取金額は現車を確認しなければきちんとした買取金額を算出することができないからです。

基本的に一括査定サイトで査定を依頼した場合は、無料出張査定の形をとっているところがほとんどですので、自分が事故車を移動させることなく査定をしてもらえます。

時間と労力を使うことなく査定してもらえるのが一括査定サイトのいいところですね。

詳しくはこちらをご覧ください。

タダで車の買取金額が分かる!車の一括査定見積もりを試し手に見てみるならこちら

事故車専門の買取業者に依頼する

事故車を買取りしてもらう場合、事故車専門の買取業者である廃車買取業者に査定を依頼することをおすすめします。

なぜなら廃車買取業者は事故車の買取りを「専門」にしていることから、事故車を買取ったあとに、その事故車を利用して利益を得る独自の方法やルートをもっているからです。

独自のルートをもっているからこそ、事故車を高く販売する方法を熟知しているため、その分高値で事故車を買取りしてくれるのです。

おすすめの事故車の買取専門業者ランキング

1位 カーネクスト

カーネクストの特徴とは?

カーネクストの特徴としてあげられるのは以下の3点です。

①どんな車も0円以上買取保証!
②引取・レッカー無料!事故車・不動車買取り
③独自で海外販売!商業車・ディーゼル車買取り

カーネクストのおすすめの点は?

カーネクストでおすすめできるのは①~③の特徴があるだけでなく、事故車を移動させるためレッカー代金や、車を廃車にするときには陸運局で永久抹消登録手続きをしなければいけませんが、その手続きまでもタダでやってくれるのです。

また廃車予定日の14日以上前に廃車することを成約するとクオカードを進呈してくれるようなキャンペーンもやっているので、とにかくお客様にとっては良いことづくしなのです。

詳しくはこちらをどうぞ。

廃車・事故車の買取専門業者のカーネクストを試しに見てみる

2位 廃車ラボ

廃車ラボの特徴とは?

廃車ラボの特徴としてあげられるのは以下の2点です。

④廃車ラボの名義に変更してからの廃車
⑤各種不動車を無料引取

廃車ラボのおすすめの点は?

④のように廃車する車をいきなり永久抹消登録するのではなく、一旦廃車ラボの名義に変更することで廃車の手続きがスムーズにすすみます。

例えば車を解体するとなった場合は、基本的に車の所有者本人が車の解体を依頼しなければいけません。

所有者以外の人が車の解体を依頼することも可能ですが、解体業者からすると「この車は解体を依頼してきている本人の車ではないということは、もしかして盗難車か?」と不審に思います。

解体業者の多くは所有者本人以外の人が解体を依頼してきた場合は、念書の記入や解体を依頼してきた人の本人確認などが必要であり、手続きに時間がかかります。

その点、廃車ラボのように一旦廃車ラボの名義に変更することで、廃車ラボが車を本当に廃車にしたいときに廃車することができますし、お客様もスムーズに車を手放せるという点でおすすめです。

詳しくはこちらをご覧ください。

廃車ラボを試しに見てみる

3位 廃車ひきとり110番

廃車ひきとり110番の特徴は?

廃車ひきとり110番の特徴としてあげられるのは以下の2点です。
⑥車に見合った価値で買取り
⑦登録作業は廃車ひきとり110番でやってくれる

廃車ひきとり110番のおすすめの点は?

⑥のように廃車する車は、車種、年式、ボディカラー、積算走行距離、事故の程度などにより買取価格が異なってきます。

世の中にまったく同じ状態の車は存在しないわけですから、車によって価値が異なって当然です。

廃車ひきとり110番は、1台1台の車の価値を見いだしたうえで査定金額を提示してくれるという点でおすすめです。

詳しくはこちらをどうぞ。

廃車・事故車の買取専門業者の廃車ひきとり110番をためしにみてみる

事故車だと買取査定はどのくらい下がるの?

事故車は事故車でない車と比べると、どうしても買取金額が低くなってしまいます。

しかし実質どれくらいの割合・金額になってしまうのでしょうか。

次の表はトヨタ・bBの修復歴がある車(事故車)と修復歴がない車の買取金額を比較したものです。

 ①中古車販売価格が高い車②中古車販売価格が低い車
年式2007年2002年
カラーシルバーブラック
走行距離47000km106000km
修復歴ありあり
排気量1300cc1500cc
修復歴ありの参考買取上限金額27.2万円0.1万円
修復歴なしの中古車買取相場2~57万円1~26万円

あくまでも一般的な相場になりますが、修復歴がある車は修復歴がない車の7~8割ほどの買取金額になります。
表中①の2007年式の修復歴なしのbBの中古車買取相場は2~57万円です。

そこから修復歴ありのbBの買取相場の割合を算出すると、47.7%以上の割合で取引されています。

表中②の2012年式の修復歴なしのbBの中古車買取相場は1~26万円です。

先ほどと同じように修復歴ありのbBの買取相場の割合を算出すると最大で10%以上の割合で取引されています。

つまり先ほどお伝えした「修復歴がある車は修復歴がない車の7~8割ほどの買取金額になる」というのはあくまでも目安であることがご理解いただけると思います。

買取金額差については、(修復歴なしの中古車買取相場)-(修復歴ありの参考買取上限金額)で算出できます。

表中①のbBでは最大29.8万円、表中②のbBでは最大25.9万円の買取金額差がついているのです。

修復歴ありの車は、修復歴がなく状態のいい車ほどその買取金額差が大きくなるということです。

ただ表中①のbBのように、修復歴なしの中古車買取相場が2万円、修復歴ありの参考買取上限金額27.2万円というように、修復歴なしの車であっても状態が良くない場合は、修復歴ありの車のほうが高く買取られる場合がまれにありますのでご留意ください。

車種によって買取金額の下がり方は異なりますから、今回のbBの買取金額差はご参考程度になさってくださいね。

少しでも高く買い取ってもらえるコツってある?

事故車はディーラーなどでは高く買取りしてもらえないどころか、逆に廃車費用を請求される可能性があります。

ここではあなたにお金が入ってくるように、少しでも高く買取りしてもらうコツについてお伝えします。

解体業者を利用する

解体業者は廃車にする車を解体(スクラップ)してくれる業者です。

「解体業者が?事故車の買取りをしてくれるの??」と疑問に思われるかもしれませんね。

解体業者は事故車を買取り、まだ使用できる部品を取り外し、それを販売することで利益を得ています。

それだけではなく、フレームは金属買取業者に買取ってもらうため、さらに利益が得ているのです!

つまり解体業者がお客様から事故車を買取りしても、十分に利益を得ることができるため事故車を買取りしてくれるのです。

とはいっても、解体業者が買取りしてくれる買取相場は、軽自動車で5000円程、普通車で10000円程ですから、高額の買取りは期待できないでしょう。

廃車買取業者を利用する

先ほど「おすすめの事故車の買取業者ランキング」をご紹介しました。

事故車を専門に買取りしてくれる業者を廃車買取業者といいます。

事故車を少しでも高く買取りしてもらうためには廃車買取業者を利用するべきです!

例えばおすすめランキング1位のカーネクストは、事故車をはじめとした廃車にする車を0円以上で買取保証してくれます。

例えば、スバル・レガシィツーリングワゴン、平成19(2007)年式、総排気量2000cc、積算走行距離240000km、エンジンがかからず走行不可でしたが、そのほかの部品やパーツとして販売できるためカーネクストが22000円で買取した実績があります。

解体業者と比較すると、比べものにならないほど高価買取をしてくれることは間違いないでしょう。

複数の買取業者に見積もりを取ってもらう

買取業者といっても、世の中にはたくさんの買取業者があります。
お住まいの近辺にも車屋さんがあると思いますが、車屋さんであれば基本的に車の買取りをしてくれます。

ただ車の買取りを希望している方の行動パターンとしてありがちなのが、1つの買取業者で出された買取金額を鵜呑みにするということです。

例えば、自分が10万円での車の買取りを希望しているとして、1つめに訪れた買取業者が12万円の買取金額を提示してくれたため、すぐにその買取業者に車を買取りしてもらう方がいます。

「ちょっと待ってください!」と言いたいところですね。

あなたは自分の車の買取相場を調べましたか?

自分の希望金額で買取りしてもらったらそれで満足ですか??

実はもっと高値で買取りしてくれる買取業者があるかもしれませんよね??

だからこそ買取査定をしてもらう場合は1つの買取業者の買取金額で満足するのではなく、複数の買取業者で買取金額を提示してもらうことであなたが損しなくなるのです。

複数の買取業者に見積もりを取るなら一括査定が便利

先ほどは1つの買取業者の買取金額だけを鵜呑みにするのではなく、複数の買取業者から買取金額を提示してもらい、買取金額を比較することをおすすめしました。

しかし買取業者を1つずつ回るのは時間や労力を費やすことになります。

ここでご紹介するのはネットを利用した「車の一括査定サイト(無料)」です。

一括査定サイトとは、一括査定サイト運営会社にお客様の個人情報と車両情報を伝えると、一括査定サイト運営会社が、お客様の車を高く買取りしてくれる買取業者をいくつか紹介してくれます。

では一括査定サイトを利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

買取見積もりの一括査定のメリットは?

買取業者を探す手間が省ける

ネットがない時代は買取業者を1つずつ回らないといけませんので、時間・体力・ガソリンなど、消費するものがたくさんあります。

しかしネットが普及している今では、一括査定サイトを利用すると、一括査定サイト運営会社がお客様に合った買取業者を選んでくれますので、買取業者を探す手間が省けますよね。

一回の入力で複数の業者に見積もりを取ることができる

一括査定サイトを利用するには、一括査定サイト運営会社の入力フォームに以下の内容を入力する必要があります。

①車両情報
・メーカー名  ・車種名  ・年式  ・走行距離
②個人情報
・氏名  ・郵便番号  ・住所  ・メールアドレス  ・電話番号

これらを1度入力するだけで一括査定サイト運営会社があなたに合った買取業者を探してくれます。

数十社に見積もりを取ることで一番高い業者が分かる

ネットで検索するとさまざまな一括査定サイトが出てきます。

一括査定サイト運営会社は1度に数十社の買取業者を紹介してくれます。

それぞれの一括査定サイトが紹介してくれる業者数に関しては以下の通りです。

①カーセンサー     最大30社
②ズバット車買取比較  最大10社
③かんたん車査定ガイド 最大10社
④楽天オート      最大10社
⑤カービュー      最大8社
⑥車買取EX       最大11社

複数の買取業者から買取金額を提示してもらい、一番高く買取金額をつけた買取業者に買取りを依頼するといいでしょう。

タダで利用することができる

一括査定サイトは基本的にタダで利用することができます。

「タダほど怖いものはない」ということで心配される方がいらっしゃると思います。

「タダで利用できるって、一括査定サイトはどうやって利益を得ているの??」と思われるでしょう。

一括査定サイトはタダで買取業者にお客様の情報を流しているのではなく、情報料として買取業者1社あたり2000~3000円程度の手数料を徴収しています。

例えば2000円の情報料が10社に送られたとすると、一括査定サイト運営側は2000円×10社=2万円の情報料を受け取ることになります。

一括査定サイトはこのように利益をあげているため、お客様はタダでサイトを利用することができるのです。

一括見積もりを利用するとキャッシュバックなどがもらえる場合がある

一括査定サイト運営会社は、さまざまなキャンペーンを行ないながら、お客様の車の買取りを促進しています。

例えば「楽天オート無料一括査定」では、サイトを利用し車を査定してもらうと楽天ポイント5P、車を買取りしてもらうと楽天ポイント1500Pがもらえます。

この他の一括査定サイトでも随時キャンペーンを実施しているところがあったり、期間限定でキャンペーンを実施しているところもありますので、ぜひチェックしてみてください。

おすすめの一括査定業者は楽天がおすすめ

楽天オートの一括査定サイトは、先ほどご紹介した車を査定してもらうと楽天ポイント5P、車を買取りしてもらうと楽天ポイント1500Pがもらえるという大きなメリットがありましたね。
1500Pというのは、通常楽天で商品を購入すると100円で1P付与されるので、1500Pというのは15万円分を購入した際に付与されるポイント分ということになります。

言いかえると実質15万円分お得になると考えることができますね。

また他のメリットとして、買取査定してもらう買取業者を選べるということです。

例えば自分で5社選んだとすると、その5社だけと電話やメールでやり取りすればいいので、あなたが買取業者と対応する負担が軽くなりますね。

楽天オートに登録されている買取業者は、ガリバー、カーセブン、ラビット、カーチス、ビッグモーターなど、一度は耳にしたことがある大手買取業者が登録されていますので、買取金額が高くつくことが見込まれます。

楽天オートにはこのようなメリットがあるため利用をおすすめします。

詳しくはこちらをどうぞ。

車の査定をしてもらうだけでポイントがもらえる!楽天の車の一括査定はこちらをどうぞ

事故車買取の疑問Q&A

事故車買取の疑問について解説したいと思います。

自走できない事故車も買取してもらえるの?

自走できないお車でももちろん買取可能です。その場合はレッカー車をはじめとして積載車やユニック車などでお車を引取りにまいります。

走行距離が10万キロを超えている事故車でも買取してもらえる?

10万キロを超えている事故車でも買取可能です。海外では10万キロを超えた事故車であっても求められておりますので安心して査定をご依頼ください。

年式が10年以上前の事故車だけど買取はしてもらえる?

初年度登録から10年以上経過している事故車であっても買取可能です。10年以上前の事故車であっても海外では修理して乗り続けられますので、一度査定をご依頼ください。

ネットオークションと買取だとどっちがおすすめ?

ネットが普及してからは個人でもネットオークションを利用して車を販売することができます。

とはいってもネットオークションでの車の販売は、車の知識や名義変更などの手続きの知識がなければいけませんし、購入者とのトラブルが起きる可能性は避けて通れません。

車をネットオークションに出品する際は、実車の写真を掲載することはもちろんのこと、車の状態を明確に記載することが求められます。

車の状態を記載するときに、良いことばかりを記載する方がいらっしゃいますが、車の不具合やキズ・ヘコミの程度など、すべてを赤裸々に記載する必要があります。

基本的に車を購入したいという方が出てきた場合は、現車確認をしてもらうことでトラブルを減らすことができます。

しかし購入者から代金を支払ってもらい、お金と引き換えに車を渡したけれど、いつになっても名義変更をしてくれない購入者もいます。

ネットオークションでの車の販売はこのようなトラブルが起こる可能性があるため、やはり車の買取りを希望するときは買取業者に買取りをしてもらうことをおすすめします。

買取業者はきちんとした買取金額の提示はもちろんのこと、買取業者によっては陸運局で行なう名義変更や永久抹消登録手続きを無料で代行してくれるところもあります。

事故車を修理して買い取ってもらうメリットってある?

事故車を買取りしてほしいとなった場合、事故車のまま買取査定に出したほうがいいのか、修理して修復歴ありとして買取査定に出したほうがいいのか、どちらのほうがお得なのでしょうか。

そもそも事故車を修理するとなると、どれくらいの修理費用がかかるのでしょうか。

以下は国産車の修理費用の相場です。

①エンジン 約40~90万円以上
②エアコン 約0.2~30万円以上
③ドア   約0.1~20万円以上
④バンパー 約1~20万円以上
⑤フレーム 約10~100万円以上

多額の修理費用を自分で出すとかなりの負担になってしまいます。

修理費用が高額な場合は任意保険で事故車を修理する方法がありますが、任意保険を使って修理すると経済的負担はどうなるのでしょうか。

任意保険を使って修理する場合は、任意保険の等級がダウンしてしまい、翌年からの保険料が割増になります。

保険料がどれほど増額されるのかは任意保険会社に確認するべきです。

任意保険を使わずに修理したほうが得なのか、保険料が割増になってでも保険を使って修理したほうが得なのかは、一度任意保険会社に問い合わせするともに、実際に計算してもらうことをおすすめします。

ただここまでの高額費用を負担したり、任意保険を使ってまで修復歴ありの車を修理して買取りしてもらうメリットはありません。

費用を負担してまで修理したとしても、買取業者の中古車査定士はすぐに修復歴ありの車かどうかを見抜くことができます。

中古車査定士は査定士になるまでに十分な実習を受けており、車のフレーム部分がどのような状態になっていれば修復歴ありと判断できるかを熟知しています。

修復歴ありの車と判断されれば、買取金額は修復歴なしの車の7~8割程度以下にしかなりませんから、損することは間違いないですね。

つまり修復歴ありの車をわざわざ修理してから買取りに出すのはおすすめできません。

高額の修理代金を支払って修理したところで、修理費用以上の買取金額がつくわけではありませんので、結果的に修理しないで事故車を買取ってもらうほうがいいでしょう。

さいごに

今回は事故車の買取りとそのしくみ、事故車を高く買取りしてもらう方法についてご紹介しました。

この記事を熟読された方の多くは事故を起こした車をおもちで買取りしてもらうかを検討されている方であると思います。

事故車を引取りしてもらう方法としては下取りと買取りがあるとお伝えしましたが、下取りに出してしまうと大損してしまうことをご理解していただけたと思います。

とくにディーラーで事故車を引取りしてもらうと損しましたね。

街なかにある車屋さんは事故車の買取りを依頼することは可能ですが、それほど高値で買取りされることは期待できませんでした。

一括査定サイトを利用すると、一括査定サイト運営会社がお客様に合った買取業者を紹介してくれますので、昔のように1つずつ買取業者を回る時間や労力を省くことができますが、事故車を専門に買取りをしている買取業者でなければ高値での買取りは見込めません。

「それだったら事故車を修理して買取査定に出せば…」と思われるかもしれませんが、事故車を修理するには高額な費用がかかりますし、たとえ任意保険を使って修理したとしても1年後の任意保険料があがってしまうため、結局事故車を修理しないまま買取査定に出すことが出費をおさえられる方法です。

「だったら事故車を修理しないまま高値で買取ってもらう方法はないのか…」

そこでご紹介したのが事故車のように廃車する車の買取りを専門にしている廃車買取業者を利用することをおすすめしましたね。

おすすめの事故車の買取専門業者ランキングの1位でご紹介した「カーネクスト」は、廃車にする車を0円以上で買取保証しています。

カーネクストの買取実績の一例をご紹介しました通り、十分に高価買取を期待できるところがカーネクストのいいところです。

さらにカーネクストでは、レッカー車の利用代金無料、永久抹消登録手続きの代行手数料無料、解体する場合はその解体費用が無料など、さまざまなサービスを無料で行なってくれるところがカーネクストをおすすめできる理由です。

事故を起こした車をおもちで買取りしてもらうかを検討されている方は、ぜひカーネクストのような廃車の買取りを専門にした廃車買取業者で、事故車を高価買取してもらいましょう。

最後にランキングとおすすめの車の一括査定をご紹介します。

1位

>>>廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト<<<
(テレビCMでもお馴染みで人気No1の買取業者)

2位

>>>廃車ラボ<<<

3位

>>>廃車ひきとり110番<<<

おすすめの車の一括査定のサイト

>>>見積もりするだけでポイントゲット!楽天の車の一括査定を試しに見てみる<<<

投稿日:

Copyright© 損してる?事故車買取で高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.